スキャンダラスな純愛が大きな反響を呼んだドラマが映画化 | NewsCafe

スキャンダラスな純愛が大きな反響を呼んだドラマが映画化

恋愛 ニュース

20代の頃に離婚して以来、仕事一筋に生きてきた45歳のキャリア女性と、既に妻を持つ17歳下の男性──。

NHKドラマ10枠で放送され、社会現象を巻き起こした、大石静脚本によるTVドラマ「セカンドバージン」。年齢を越え、困難な状況を越えて求めあい、命さえもかける主人公たちのスキャンダラスな純愛を描いた物語は、大人の女性たちから大きな共感を得た。この禁断の話題作が、鈴木京香、長谷川博己、深田恭子ら主要キャストはそのままに、ついにスクリーンに登場する。映画では、ドラマ放送時には描かれなかった衝撃の真実を、マレーシア首都である、クアラ・ルンプール(意味:泥の合流する場所)を舞台に、さらに艶めかしく大胆な描写と、狂おしくもせつない大人のラブストーリーとともに、新たに展開される。

【あらすじ】
出版業界では名の知れた辣腕プロデューサー、中村るい(鈴木京香)は、既に妻を持つ17歳年下のネット証券会社社長、鈴木行(こう)(長谷川博己)と恋に落ちる。様々な試練を乗り越え、一緒に暮らし始めたふたりだったが、ある日行は忽然と、るいの前から姿を消してしまう。
5年後、出張先のマレーシアでるいは、行と運命的な再会を果たすが、行はるいの目の前で銃弾に倒れてしまう。
コーランが遠く聞こえる中、生死の境をさまよう行。やがて、事故を知り、行の妻・万理江(深田恭子)もマレーシアにやってくる。イスラムの地を舞台に、虚々実々の駆け引きの果て、交差する思いが一挙にクアラ・ルンプールの濁流へと流れ込んでいく…。


映画「セカンドバージン」は、6月初旬にクランクイン、マレーシア及び関東近郊での撮影を経て7月中旬にクランクアップ予定。公開は2011年9月23日。
《NewsCafe》
page top