気象庁、東北地方太平洋沖地震の規模をマグニチュード9.0に修正 | NewsCafe

気象庁、東北地方太平洋沖地震の規模をマグニチュード9.0に修正

社会 ニュース

報道によると気象庁は、東北地方太平洋沖地震の規模を計算したところ、マグニチュードは9.0だったことを明らかにした。マグニチュード9.0は、2004年のインドネシアスマトラ島沖地震の9.1に次ぐ数値。
今後3日以内にマグニチュード7.0以上の余震が起きる確率は70%であることを発表した。
《NewsCafe速報》
page top