孤独を感じる人たちが集まる「年越し村」とは? | NewsCafe

孤独を感じる人たちが集まる「年越し村」とは?

社会 ニュース

年末年始はある種の人たちにとっては、孤独が深まる時期でもある――。2008年にはNPOや労働組合によって、さらに09年には東京都によって開設された「年越し派遣村」も、10年には見送られた。東京都によると、年末に開かなくても良いように、1年をかけて対策を行ってきたためだとのことだ。

それでも毎年大みそかに、新宿には年越しを過ごす帰省先がない人たちが集まってくるという。

一方で大阪では、同じ「年越し村」ではあるが少し毛色の違った村が開催された。その名は「年越いのちの村」。一体どんな人たちが集まってくるのか、フリーラーターの渋井哲也氏が取材した。

自殺未遂の経験がある人たちや、日ごろ孤独を感じ、年末年始に居場所を失った人たちが集まる「いのちの村」。アナタはコラムを読んで、どんなことを感じますか。
《NewsCafe》
page top