心に残る家族葬ニュースまとめ | NewsCafe

心に残る家族葬に関するニュースまとめ一覧

事実婚での相続のメリット・デメリットと内縁の妻(夫)に相続させる方法 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

事実婚での相続のメリット・デメリットと内縁の妻(夫)に相続させる方法

新年早々友人が主催する新年会に参加すると、談笑中に相続の相談となった。ここのところ毎年年初は友人達との相続相談会になっていると揶揄されたが、あたらずとも遠からずといった状況だった。■事実婚の相続はデメリットばかり?肝心の相談内容は入籍していないが事実上…

【人日の節句】正月明けに食べる七草粥の意味や由来 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

【人日の節句】正月明けに食べる七草粥の意味や由来

1月7日に春の七草を食べる習慣がある。それは新たな1年の無病息災と五穀豊穣を願って食べるものであり、1年で5つある節句の一つとされている。また、お粥という事で、正月のご馳走からの胃腸を休めるためにも一役買っているのだそうだ。正月のご馳走と違い、非常にヘル…

古代から認識されていた体外離脱を脳のバグや魂の離脱以外の観点から考える 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

古代から認識されていた体外離脱を脳のバグや魂の離脱以外の観点から考える

体外離脱体験(OBE=Out of Body Experience)はオカルト・スピリチュアル・精神世界といった分野ではおなじみのトピックである。この現象は魂の身体からの離脱を意味するか脳内現象に過ぎないのか議論は絶えない。しかしそのような議論以上に体外離脱体験の持つ意味につい…

家族(相続人)全員が揃うことなんて滅多にない!年末年始こそ相続を話合う絶好の機会 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

家族(相続人)全員が揃うことなんて滅多にない!年末年始こそ相続を話合う絶好の機会

平成から令和になって初の年末年始、帰省され一息つかれた方も多いのではないだろうか。両親や兄弟姉妹、親戚であっても遠方に生活していれば合う機会も少なく、中には家族全員が数年振りに揃うということも珍しくないのではないだろうか。そういった時こそ、相続について…

死にはいろいろな死がある。 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

死にはいろいろな死がある。

あまり耳なじみのない学問かもしれないが、死と死生観を研究する学問、死生学(thanatology)を日本に広めることに多大な貢献をなした人物がいる。イエズス会の司祭で哲学者でもある、アルフォンス・デーケン(1932〜)だ。デーケンは、現代は「前向きに生きるコツ」など、…

専門家にも得意不得意がある。相続実績少ない税理士では好転どころか悪化もあり得る 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

専門家にも得意不得意がある。相続実績少ない税理士では好転どころか悪化もあり得る

こちらのコラムで筆者が必ずと言って良いほどに記入している文言がある。「税理士や弁護士等の専門家に相談をおすすめする」という文言だ。専門家と言っても人間であるため、得意不得意があるのだが、相続が不得意の専門家に相談した場合だと、問題の解決にならないだけで…

仏教者の中でも大人気の真言宗開祖 弘法大師・空海の即身成仏と現実肯定の哲学 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

仏教者の中でも大人気の真言宗開祖 弘法大師・空海の即身成仏と現実肯定の哲学

仏教者の中でも真言宗の開祖 弘法大師・空海(774〜835 )は非常に人気がある。真言宗自体は浄土真宗など鎌倉仏教系に比べ規模は小さいが、空海の知名度の人気は圧倒的である。空海の思想とは、密教の本質とは何か。■空海こそ日本オカルト・スピリチュアル界の代名詞80年…

宮内庁から治定を受けていないが天皇陵間違いなしとされている今城塚古墳 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

宮内庁から治定を受けていないが天皇陵間違いなしとされている今城塚古墳

「何も見えなかった。つまらない」ーー訪れた観光客から早くもこんな声があがっているのが2019年7月に世界遺産に登録されたばかりの大阪府の百舌鳥・古市古墳群である。ここにある大古墳の多くが宮内庁により天皇陵・陵墓参考地とされ、拝所などから墳丘を眺めることしかで…

    1ページ中1ページ目
    page top