心に残る家族葬ニュースまとめ | NewsCafe

心に残る家族葬に関するニュースまとめ一覧

生活保護制度の葬祭扶助は憲法25条に基づきどんな人にも尊厳ある葬儀を保障している 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

生活保護制度の葬祭扶助は憲法25条に基づきどんな人にも尊厳ある葬儀を保障している

資本主義経済の我が国において、貧富の格差は必然的に生じるもの。そうした資本主義体制の不完全さを補うために、日本国憲法25条の最低生活保障の理念に基づいて運用されているのが生活保護制度だ。今日では、ほんの一握りの不正受給問題等により、生活保護受給者に対する…

著名人という理由で自殺は公表されるべきか?公表されるならそのタイミングは? 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

著名人という理由で自殺は公表されるべきか?公表されるならそのタイミングは?

連日の新型コロナウィルス関連のニュースが続く中、若干目立たない格好になっているが、2年前の2018年3月7日、学校法人森友学園の小学校開校にまつわる疑惑が露見した後、大阪・豊中市の国有地売却問題の処理を担当していた財務省近畿財務局勤務の赤木俊夫さん(1963〜2018…

台東区浅草の観光名所である浅草寺の「西仏板碑」について調べてみた 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

台東区浅草の観光名所である浅草寺の「西仏板碑」について調べてみた

1970年代から今日に至るまで、若者世代のファッション文化の牽引役であり続けてきたJR東日本山手線の原宿駅が、今年3月21日から東京都内最古とされる木造駅舎と、鉄筋新駅舎との供用を始めた。「古いもの」と「新しいもの」が今現在「共存」している格好だが、開催延期が決…

菌を供養する日本人。日本人が人以外の生物を供養する理由とは。 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

菌を供養する日本人。日本人が人以外の生物を供養する理由とは。

20年ほど前、勤務先が築地にあり、毎年築地市場近くの波除神社に初詣に出かけていた。波除神社の祭神はお稲荷さんで「災難を除き、波を乗り切る力を授けてくれる神社」として地元の人々や築地市場関係者、近隣に勤務のサラリーマンに親しまれており、遠くからパワースポ…

遺言書の作成は弁護士・司法書士・行政書士・税理士のどこに依頼するのがよい? 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

遺言書の作成は弁護士・司法書士・行政書士・税理士のどこに依頼するのがよい?

不要不急の外出を控えつつ、運動不足解消を兼ねて自宅の庭で縄跳びをしながら考えごとをしていた。と言うのも先日友人から遺言書作成の依頼先についてメールで質問を受けたからだ。選択肢は弁護士、司法書士、行政書士、税理士だ。しかし、専門家と言っても得手不得手があ…

殉教は命を捨てる行為なのか。あるいは命以上に大切なものが見つかったと考えるか。 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

殉教は命を捨てる行為なのか。あるいは命以上に大切なものが見つかったと考えるか。

人が死の恐怖を克服できる場面があるとすれば、そのひとつは自分の命以上に大切なものを見出した時だろう。例えば「殉教」はその究極の形である。「殉ずる」ことと命を粗末にすることは何が違うのか。■中世から近世にかけての日本におけるキリシタン中世〜近世日本のキリ…

桜の花びらが散り、傷を負い色褪せていく一生を描いた浜田広介の『花びらのたび』 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

桜の花びらが散り、傷を負い色褪せていく一生を描いた浜田広介の『花びらのたび』

暖冬の影響から、東京では例年より12日早く、全国最速の3月22日に桜が満開になった。とはいえ、コロナウイルスの影響から、例えば東京の桜の名所・上野公園では、「宴会禁止」。花見客が押しかけることによる大混雑、そして大量のゴミやマナーが問題になってもいた毎年春の…

元日本地理学会会長 奥野隆史の遺作「筑豊炭田地誌考」に記されたある夢 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

元日本地理学会会長 奥野隆史の遺作「筑豊炭田地誌考」に記されたある夢

昔からよく言われていることがある。人は死期が近くなると、自分より先に亡くなっていた親、配偶者、友人などが夢の中に現れて、にこにこと笑いながら手招きをしているというものだ。または、事故で瀕死の重傷を負ったときや、脳疾患などで突然倒れ、意識を失ってしまった…

死の受容を考えれば遺族本位の葬儀も悪くないし故人もそれを尊重しても良い 画像
面白ネタ・雑学 心に残る家族葬

死の受容を考えれば遺族本位の葬儀も悪くないし故人もそれを尊重しても良い

人には遅かれ早かれ、最期の時がやってくるということは言うまでもない。そうである以上、自分自身はもちろん、人生の中で、「自分にとって大切な人」の最期に立ち会う機会は、誰もがいずれは経るものである。大切な人の死は、誰にとっても耐え難い苦痛を伴うものだ。そん…

    1ページ中1ページ目
    page top