相談LINEニュースまとめ | NewsCafe

相談LINEに関するニュースまとめ一覧

法人税節税に有効な「みなし役員」への報酬は実質基準と形式基準のどちら? 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

法人税節税に有効な「みなし役員」への報酬は実質基準と形式基準のどちら?

税務上、みなし役員と言われる役員がいます。通常、役員は登記されますが、この役員は登記されません。登記されないものの役員と同様の権限を持っていると判断できるため、役員と「みなす」という取扱いが取られています。■みなし役員の類型このみなし役員ですが、大きく…

生前贈与後に相続放棄は可能?注意すべき債権者取消権とその要件とは? 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

生前贈与後に相続放棄は可能?注意すべき債権者取消権とその要件とは?

有効な相続税対策の一つに、生前贈与があります。生前に財産を相続人に贈与しておけば、相続開始前3年分を除き、相続税の対象からその財産を除くことが出来ます。受贈者一人当たり毎年110万円までであれば、贈与税もかかりませんので、早いうちからその範囲で贈与をす…

持分なし医療法人への移行における「法人税の交際費の計算」という盲点 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

持分なし医療法人への移行における「法人税の交際費の計算」という盲点

医療法人の公益性を高める観点から、現状医療法人は持分なし医療法人しか設立できず、かつ医療法の改正前に設立できた持分ありの医療法人についても、持分なし医療法人に移行することが求められています。この移行について、前回見た通り贈与税のリスクがあることはよく知…

持分なし医療法人への移行で問題となる贈与税の対策と注意点を税理士が解説 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

持分なし医療法人への移行で問題となる贈与税の対策と注意点を税理士が解説

現状、医療法人を設立する場合、持分なし医療法人しか設立できないこととされています。持分とは出資を意味しますので、この医療法人は、出資のない医療法人ということになります。株式会社のように、出資を発行する法人については、原則としてその出資を有する株主の利益…

プロ野球の外国人選手の年俸の課税関係について税理士が解説 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

プロ野球の外国人選手の年俸の課税関係について税理士が解説

プロ野球が後半戦に突入し、一つ一つの試合が重みを増してきていますが、これに関連して、外国人選手の年俸の課税関係について質問を受けることがあります。結論から申し上げますと、外国選手の年俸は、一律20%(正確には20,42%)の税率で、所得税の源泉徴収され…

節税対策として多用されている「日当の支給」は日帰りでも有効か? 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

節税対策として多用されている「日当の支給」は日帰りでも有効か?

最も有効な節税の一つに、日当の支給があります。日当とは、遠隔地に従業者が出張する場合に会社の出張旅費規程等に基づいて支給されるもので、遠隔地に出張することにより生じる諸経費を補てんするための費用をいいます。出張すると通常は使わない費用が発生することから…

退職金の原資として有効利用される生命保険の解約返戻金の収益計上時期とは 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

退職金の原資として有効利用される生命保険の解約返戻金の収益計上時期とは

役員が退任した場合の退職金の原資のために、生命保険を活用している会社は多くあります。各事業年度において、保険料の一定額が会社の経費になる生命保険を積み立てておき、いざ退任する場合に保険契約を解約して解約返戻金を貰って退職金の原資とすることになる訳ですが…

    1ページ中1ページ目
    page top