相談LINEニュースまとめ | NewsCafe

相談LINEに関するニュースまとめ一覧

税務署に提出済の申告書等をなかったことにする取下書の取扱いを元国税が解説 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

税務署に提出済の申告書等をなかったことにする取下書の取扱いを元国税が解説

税務署の実務でよく見られることの一つに、取下書があります。税務署に対して申告書を提出したり所定の届出書や申請書を出したりすることがありますが、様式や内容を間違ってしまうなど、これらの提出をなかったことにしたい場合があります。このような場合、取下書を出す…

個人の節税対策としては問題あるが法人には効果が期待できる足場レンタル 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

個人の節税対策としては問題あるが法人には効果が期待できる足場レンタル

有効な節税として知られている足場レンタルは、前回も申しましたが個人が自分の所得税を節税するために投資するのは問題があります。一方で、法人が法人税を削減するために投資を行うのは原則として問題なく、節税効果があります。しかし、とある保守的な税理士によると、…

「足場レンタルは安全な節税対策」は本当か?安全でないケースは? 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

「足場レンタルは安全な節税対策」は本当か?安全でないケースは?

令和2年度の税制改正で、海外中古不動産を使った節税ができないことになりました。近年の税制改正の傾向として、企業を誘致する必要性から法人税を減らし、所得税を増税するという流れですので、今後ますます個人の節税は厳しくなります。このため、個人で高い給料をもら…

住宅ローン控除と居住用財産の特例の二重適用の制限延長について解説 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

住宅ローン控除と居住用財産の特例の二重適用の制限延長について解説

所得税において、住宅が絡む優遇措置として、大変効果があると言われているのが住宅ローン控除と居住用財産の特例です。住宅ローン控除は、新しい住居をローンで購入したような場合に認められる特別減税で、居住用財産の特例は、居住していた住居を売却した場合、譲渡所得…

令和二年度改正で創設された副業の新規定について税理士が解説 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

令和二年度改正で創設された副業の新規定について税理士が解説

近年、サラリーマンが副業を行うことが増えましたが、この副業は所得税では、原則として雑所得に該当します。所得税は、収入の性質に応じ、課税対象なる所得を10種類(利子所得、配当所得、不動産所得、給与所得、退職所得、事業所得、山林所得、譲渡所得、一時所得、雑…

税理士試験に合格した税理士ではなく国税組織のOB税理士には要注意 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

税理士試験に合格した税理士ではなく国税組織のOB税理士には要注意

税理士には大きく二つの人種があり、一つは机上の税理士試験を合格した税理士(試験組税理士)と、もう一つは国税組織の中で、23年間無事故で過ごせば無制限で資格が免除される税理士(OB税理士)です。税理士を選ぶ際は、この相違を理解しておく必要があります。とい…

タックスヘイブン税制改正で節税効果が見込めなくなったキャプティブ 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

タックスヘイブン税制改正で節税効果が見込めなくなったキャプティブ

海外子会社を使った節税として、よく見られることの一つに、キャプティブがあります。キャプティブとは、保険子会社を意味します。災害など、企業のリスクをヘッジするために損害保険を保険会社と契約する企業は多いですが、キャプティブを活用する場合、海外にその保険会…

役員の退職金算定で功績倍率3倍が安全ではなくなってきている 画像
面白ネタ・雑学 法律相談広場 - 法律コラム

役員の退職金算定で功績倍率3倍が安全ではなくなってきている

税務上適正額が問題になる役員の退職金については、平均功績倍率法で算定するのが一般的です。平均功績倍率法は、(1)退職する役員の最終報酬月額、(2)勤続年数、(3)の平均功績倍率の3つを掛け合わせた金額を退職金の適正額とする方法です。この計算上問題になる…

    1ページ中1ページ目
    page top