日常に発酵食を!オンラインイベント「醸すフェス」できっかけをつくる - PR TIMES|NewsCafe

日常に発酵食を!オンラインイベント「醸すフェス」できっかけをつくる

千葉や静岡から全国へ届け!楽しい発酵ワークショップ

醸すフェス実行委員会(実行委員長 桝野恵理 千葉県)は、大人だけでなく、子どもたちにも日本の食生活に根付いている発酵文化を伝えていくため、2020年12月6日にオンラインイベント「醸すフェス」を開催いたします。 開催にあたり、挑戦と応援のプラットフォームを提供する一般社団法人おうえんフェス(神奈川県川崎市/代表理事 高田洋平)は企画・運営統括団体として、開催協力しております。





新型コロナウイルスの影響で、免疫力を高めることに対する関心が高まり、発酵食が人気を集めております。「発酵食に関するアンケート」調査によりますと、納豆やヨーグルト、味噌などの発酵食品が人気で、興味はあるけど手間や時間はそんなにかけられないという事情が垣間見えます。

実行委員長の桝野恵理は、発達障害を改善する方法を学んでいく中で、食生活を改善、特に発酵食品を生活に取り入れ、体を整えることの大切さを実感し、発酵食を気軽に日常に取り入れて欲しいと願っていたが、どうのようにして広めたらいいのか悩んでおりました。

また、副実行委員である飯尾みずきは、旬総菜らくさぽDeli(静岡県浜松市)の店主として、ママのための小さなお惣菜屋さんを営んでいます。忙しい中でも身体に優しい発酵食品を家庭で食べてほしいと、発酵食品の販売促進を行ってきましたが、コロナの影響で普及活動を推し進めることが難しい状況でした。

この2人を、小川祐子(親子でオンラインフェス実行委員会 発起人兼代表)がオンライン上で引き合わせたことがきっかけとなり、全国に向けて発酵食を気軽に日常に取り入れる仕組みづくりのキックオフとしてフェスの開催に至りました。


【当日のプログラム】

【麹の学校 in 醸すフェス】



麹文化研究家/麹の学校も主宰するなかじ(南 智征)氏。世界中で麹、発酵、体と心の講演をしています。

当日は麹の学校@醸すフェスが開校。2020 年出版した「麹本~koji for life~」より家庭での麹作りのレクチャー、麹などの発酵食品と腸との関係について講座形式でお届けします。


【京都の酒屋さんと元杜氏野田恭平さんとのトークショー】

事前に京都の酒屋さんとオリジナルラベルのお酒の飲み比べセットを販売いたします。(当日までに自宅にお届け可能なのは11月29日までの注文分です)当日はお酒を手元に置いていただき、お酒屋さんと元杜氏の野田さんのトークショーに参加することで、日本酒と発酵の深い関わりについて学びます。
昔ながらの日本酒作りをしている酒造メーカーさんを支援していきたいと思っています。






【発酵食ワークショップ】



・簡単本格手作り味噌作りワークショップ

根本麻貴子さんを講師に迎え、日本を代表する発酵食品である味噌を手作りで行います。ここで作る手前味噌は、現代のライフスタイルに合わせた、簡単だけれど本格的な味噌作りのワークショップです。原材料もこだわっているので、安心して美味しくいただける味噌です


・醤油麹レクチャー

古民家カフェを営みながら、無農薬のお米の生産販売もされている宮本春子さんが教える醤油麹。無農薬のお米を使った麹と大豆を使って作る醤油麹は、うまみが違います。グルタミン酸の旨味成分が塩麹に比べて10倍以上の醤油麹を作るだけでなく、活用方法も合わせて教えてくださいます。


【管理栄養士 神田由佳さんの講演】



自分の体調不良をきっかけに、「食とは何か?」と考える。 食の基本に戻り、ご飯と味噌汁の素晴らしさに気づく。 食事を見直し1年で手指の痒み、肌乾燥など肌トラブルを解消。 食べ方や食の捉え方を変えるだけで本来の体がもっている機能を使うことが、いつまでも続けやすい食生活を伝えている。


【チーズフロマジェ 世界大会ファイナリスト葛石朋子さんのトークライブ】




2019年 第2回日本最優秀フロマジェ選手権大会 2019 準優勝
第4回世界最優秀フロマジェコンクール2019 ファイナリスト

香川県丸亀市に在住でありながら、世界で活躍する実績をお持ちのチーズフロマジェ、葛石朋子さん厳選のチーズが自宅に届き、ワインやチーズについての知識を深めつつ、味わいを楽しむことができる、贅沢なプチ講座です。

※参加チケットはクラウドファンディングのリターンとなっています。

【タイムテーブル】



・参加費は基本無料。無料と有料あわせて約15ブースを用意。

・事前にLINE公式アカウント ( https://line.me/R/ti/p/%40965szyta )よりお申し込みください。当日の参加も可能


【クラウドファンディングが2020年11月30日に終了】

2020年11月30日までクラウドファンディングを開催しています

命の繋がりの輪を発酵食品を通じて拡げたい!体験型ショッピングモール「醸すフェス」

クラウドファウンディングページ https://camp-fire.jp/projects/view/340332


■リターン例




チーズフロマジェ 世界大会ファイナリストが教える チーズとワインのお話(チーズ付)
12月6日 当日に提供されます。

6,000円





無添加自然栽培米のぬか床作りを300年の歴史ある漬物屋からオンラインで学ぶぬか床キット

ぬかは、自然栽培の米ぬかを使い、100%無添加ぬか床作り♩
しかも、作り方は動画でレクチャー!
LINEでのサポートも付いてきます!

6,500円


発酵の仕方が違う珈琲飲み比べセット、無添加自然栽培米のぬか床作りを300年の歴史ある漬物屋からオンラインで学ぶぬか床キット、無農薬大豆と小麦を使用した手作り醤油キットなど、発酵を愉しめるリターンが揃っております。

集まった資金は、イベントの運営費と発酵食品を子育て支援施設に届ける仕組みの開発などに充てられます。


【イベント概要】

名称:醸すフェス 食べる!作る!学ぶ!楽しい発酵の世界

URL: https://peraichi.com/landing_pages/view/kamosufes2020

目的:オンラインで発酵食品への興味関心や日本の和食文化の発展に繋げること

日時:2020年12月6日(日)13時~19時。

主催者:醸すフェス実行委員会

場所:オンライン(ビデオ会議アプリZOOMを使用)


共催: オンライン体験協会  運営協力:おうえんフェス


【一般参加募集期間】現在~12月6日(日)当日の参加も可能

【お問い合わせ先】醸すフェス実行委員会

メールアドレス:kamosufes@gmail.com

代表:桝野恵理(発達支援教育アドバイザー) 連絡先:080‐3058‐5377

飯尾みずき(旬総菜らくさぽDeli店主)

監修:小川祐子(親子でオンラインフェス実行委員会 発起人兼代表)、他31名公式サイト:https://peraichi.com/landing_pages/view/kamosufes2020

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top