【外国人忍者誕生!】忍者に憧れていた、アメリカ人が日本で忍者として働く! - PR TIMES|NewsCafe

【外国人忍者誕生!】忍者に憧れていた、アメリカ人が日本で忍者として働く!

徳川家康と服部半蔵忍者隊 新メンバーは、アメリカ人忍者に決定!!

愛知県の観光PR隊である、徳川家康と服部半蔵忍者隊の、 2019年度新メンバーが、アメリカ人に決定したことを発表します。


2019年2月より、愛知県の観光PR隊の「徳川家康と服部半蔵忍者隊」は、
新メンバーの募集を開始し、
応募人数は外国人15名、日本人5名の計20名に応募していただきました。

その中で、「忍者に憧れて日本に来た!」と一際、目を輝かせてオーディションに参加し、
華麗なるアクロバット技術などを持ち合わせた、アメリカ人にメンバー決定しました。

彼の名前は、「John Patrick Jandernoa(26歳)」。
彼は、幼少期から忍者に憧れて、アメリカでダンスやアクロバット技術などを、
中高大を通して、ミュージカル劇場への出演など8年間ほど経験を重ねてきました。
そして大学時代に、旅行で日本に来たときに、「徳川家康と服部半蔵忍者隊」の存在を知り、
興味を惹かれ、入りたい!と思いました。しかし、当時は学生であったことから
応募することができませんでした。大学卒業後は、日本の日本語学校に通いだし、
常に徳川家康と服部半蔵忍者隊の募集を検索する毎日でした。
そして2月に、今年度の徳川家康と服部半蔵忍者隊新メンバー募集があったので
応募に至り、見事、新メンバーに合格しました。

現在は、6月中旬ごろのデビューに向けて、忍者になるために、
体術の稽古、忍者学の勉強、剣舞や演武の稽古など、日々修行中です。
どうぞ、彼のデビューまでの道のり、忍者隊としての活躍に
ご注目いただければと思います。


【徳川家康と服部半蔵忍者隊とは】
愛知県では、「武将観光」を盛り上げるため、 2015年7月に、
日本を代表する観光資源である「忍者」を活用し、
観光の活性化を図るために、「徳川家康と服部半蔵忍者隊」を結成しました。
結成以降、愛知県の観光ブランドのである「武将のふるさと愛知」をはじめ、
愛知の魅力を発信するために毎日、名古屋城に出陣し、来城者をおもてなししています。
他、県内外・国内外のイベントにも出陣し、現地で愛知県・忍者の魅力を情報発信しています。
----------------------------------------------------------------
【公式ホームページ】
http://www.ninja-japan.com/
【再生回数10万超え!「遅刻忍者」-忍者隊プロモーションビデオ-】
https://www.youtube.com/watch?v=hOaelahNlhI&t=19s
【公式instagram】
https://www.instagram.com/hattori_hanzo_and_the_ninjas/
【忍者体操】
http://www.ninja-japan.com/taisou/
【 現世で忍術やってみた】
http://www.ninja-japan.com/miedai/
【LINEスタンプ】
https://store.line.me/stickershop/product/4305744

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top