死にたい人は必見!?「私達全員自殺遺族! 親に自殺されちゃった話を聞いてみませんか?」――末井昭・著『自殺会議』刊行記念トークイベントを開催! - PR TIMES|NewsCafe

死にたい人は必見!?「私達全員自殺遺族! 親に自殺されちゃった話を聞いてみませんか?」――末井昭・著『自殺会議』刊行記念トークイベントを開催!

自殺未遂した人、家族に自殺されちゃった人、自殺しそうな人を助けている人……様々な「自殺関係者」11名の方々と自殺についての意見を明るく交わし、彼らとの「会議」を収録した『自殺会議』の刊行を記念して、1月20日(日)にLOFT9 Shibuyaで、末井アワーVol.2トークイベントを開催します。





ご存知、ダイナマイト自殺をした母を持つ末井昭氏(70歳、自死遺族歴63年)が、この度新著『自殺会議』を刊行しました。

自殺未遂した人、家族に自殺されちゃった人、自殺しそうな人を助けている人……様々な「自殺関係者」11名の方々と自殺についての意見を明るく交わし、彼らとの「会議」を収録した本書の刊行を記念してトークイベントを開催します。



本書に登場する自死遺族から、このイベントの企画者でもある岡映里氏(41歳。母親が飛び降り自殺。自死遺族歴13年)、「画家・弓指寛治氏(32歳。母親が交通事故→首吊り自殺。自死遺族歴3年)が登壇。自殺されちゃったその時からの私たち」について語り合います!

これを聞いたらなかなか死ねなくなる「死なれちゃった人たち」の、何が飛び出すかわからないホンネトーク炸裂! 死にたい人は特に必見のイベントです。また、自死遺族の人、未遂したけどなんか生きてる人、死にたいなんて考えたことがない人も遊びに来てください!


【イベント概要】
日時:2019年1月20日(日) OPEN 12:30 / START 13:00(END 15:30予定)
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/loft9/106801
出演:末井昭、弓指寛治
司会進行:岡映里 
会場:LOFT9 Shibuya
    東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS(キノハウス) 1F TEL 03-5784-1239
入場料:前売¥2,000 / 当日¥2,300(税込・要1オーダー500円以上)  
チケット:前売券は12/15(土)正午12時よりe+にて発売
      チケット購入はコチラ  https://eplus.jp/sf/detail/2820820001-P0030001?P1=0163
      ファミリーマートのFamiポートからでもご購入頂けます

なお、ブロガーを先着五名様ご招待いたします!
ブログに当日の記事をアップしていただくことを条件に、入場料無料でご招待いたします(ご飲食代はご負担ください)
応募方法は、
1.お名前(ハンドルネーム、できれば本名も)
2.当日連絡が付く電話番号
3.ブログURL
4.Twitter、Instagramのうち、最もフォロワー数のあるものいずれか1つのアカウント名を明記のうえ、okaimhome@gmail.comまでご応募ください。その際、件名に「末井アワーVol.2ブロガー希望」とお書きください。
※当選者にのみご連絡いたします。

もちろん、取材も大歓迎!
取材希望の方は岡映里さん(okaimhome@gmail.com)まで、下記の内容を明記のうえメールをお送りください。
1.お名前
2.会社名
3.所属媒体名
4.メールアドレス
5.当日連絡のつく携帯番号を明記のうえ、当日までにご連絡下さい。
その際、件名に「末井アワーVol.2取材希望」とお書きください。

【出演者プロフィール】
弓指寛治(ゆみさし・かんじ)

1986年、三重県生まれ。名古屋学芸大学大学院メディア造形学部修士過程修了。院修了と同時に起業。学生時代の友人と名古屋で映像制作会社を設立。2013年、代表取締役を辞任し、作家活動に力を入れる ため東京へ。2015年、ゲンロンカオス*ラウンジ新芸術校に参加。 2015年10月、母親が自殺。2016年、ゲンロンカオス* ラウンジ新芸術校成果展「先制第一撃」にて金賞受賞。2018年、『 Oの慰霊』で岡 本敏子賞受賞。現在、末井昭の母親のダイナマイト心中をテーマに絵画を制作中。爽やか過ぎて芸術家に見えない画家。
Twitter @KanjiYumisashi


岡映里 (おか・えり)
1977年、埼玉県生まれ。ホテル宴会場の皿洗い、パソコンショップ店員、歯科助手などの職を転々としながら、慶應義塾大学文学部フランス 文学科卒業後、新潮社に入社、『週刊新潮』、『新潮 』編集部で取材・編集 に携わる。週刊誌記者として東日本大震災を取材後、2013年、双極 性障害と診断される。離婚、退職などの経験を経て、2年間の治療を行 い症状が落ち着く。英語のできる精神保健福祉士として、日本に住む外人向けの相談支援業務も行う。著書に『境界の町で』(リトルモア)、 『自分を好きになろう』(KADOKAWA)がある。ややこしいことをわかりやすく分析してくれる人。
Twitter @okaimhome

末井 昭 (すえい・あきら)
1948年 、岡山県生まれ。工場労働者 、キャバレーの宣伝部、ピンクサロンの看板描き、イラストレーターなどを経て、 セルフ出版(現・白夜書房)の設立に参加。 『ウィークエンドスーパー』、『写真時代』、『パ チンコ必勝ガイド』などの雑誌を創刊。 2012年に白夜書房を退社、現在はフリーで編集、執筆活動を行う。『自殺』(朝日出版社)で第30回講談社エッセイ賞受賞。主な著書に『素敵なダイナマイトスキャンダル』(北栄社/角川文庫/ちくま文庫/復刊ドットコム)、『結婚』(平凡社)、『末井昭のダイナマイト人生相談』(亜紀書房)、『生きる』(太田出版)などがある。平成歌謡バンド「ペーソス」のテナー・サックスを担当。
Twitter @sueiakira

末井昭さんの新刊『自殺会議』好評発売中!




● 著者 末井昭
● 出版社 朝日出版社
● 発売日 12月15日
● 定価 本体1680円
● サイズ 四六判ソフトカバー
● ページ数 368ページ
● ISBN 978-4-255-01093-9
https://www.asahipress.com/bookdetail_norm/9784255010939/?uiaid=prt


本件に関するお問い合わせはこちらまで
株式会社 朝日出版社 営業部
電話:03-3263-3321 メールアドレス:info@asahipress.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top