ポップス・ロック&オーケストラ音楽祭「billboard classics festival」いよいよ開催演奏作品決定! - PR TIMES|NewsCafe

ポップス・ロック&オーケストラ音楽祭「billboard classics festival」いよいよ開催演奏作品決定!



 日本最大級のポップス・ロック&オーケストラによる音楽の祭典、“billboard classics festival” がいよいよ横浜パシフィコで誕生する。音楽ファン注目の意欲溢れる演奏作品の数々がついに発表された。
世界的指揮者西本智実が導く祝祭の舞台には、藤井フミヤ、八神純子、小野リサ、小柳ゆきらが音楽シーンを飾る自身のヒットレパートリーとともに登場。
2015年、レベッカ復活を果たしたNOKKOは、「フレンズ」「人魚」に続き、最新作「翼」。尾崎裕哉は自身の「Glory Days」と、父、尾崎豊も成しえなかった「僕が僕であるために」の初オーケストラバージョンに挑む。さらに、村治佳織は、坂本龍一の「戦場のメリークリスマス」のギター協奏曲の世界初演に挑戦する。
そして、藤井は不朽の名作「TRUE LOVE」から西本との共作「あなたからの手紙」を熱唱。現代と次代に輝くアーティストたちの珠玉の作品群が次々と披露される。管弦楽は名門、東京フィルハーモニー交響楽団と、名手たちが結集したビルボードクラシックスオーケストラ。国内外で活躍する出演者たちとフルオーケストラによるダイナミックで華麗な響きが春の横浜の海を彩る。

【演奏曲】
「夜明けのブレス」「TRUE LOVE」「あなたからの手紙」「君が僕を想う夜」(藤井フミヤ)
「みずいろの雨」「Mr.ブルー~私の地球~」「明日の風」(八神純子)
「あなたのキスを数えましょう」「remain~心の鍵~」「天球儀」(小柳ゆき)
「イパネマの娘」「いのちの歌」(小野リサ)
「戦場のメリークリスマス」「バガモヨ」(村治佳織)
「Glory Days」「僕が僕であるために」(尾崎裕哉)
「フレンズ」「人魚」「翼」(NOKKO)    他

【公演概要】
■公演タイトル:【billboard classics festival 2018 in YOKOHAMA】
■公演日時:2018年 3月10日(土) 開演17:00
■会場:パシフィコ横浜 国立大ホール(みなとみらい駅 徒歩約5分)
■指揮:西本智実 
■出演:藤井フミヤ、八神純子、小野リサ、NOKKO、小柳ゆき、尾崎裕哉、村治佳織
■管弦楽:東京フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ
■チケット価格 7,800円(税込・全席指定)
※特製プログラム付 ※未就学児入場不可
■主催・企画制作:ビルボードジャパン
■後援:米国ビルボード、TOKYO FM
■プレイガイド:チケット発売中!
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/billboard-cc/ 0570-02-9999 (Pコード:104-994)
ローソンチケット http://l-tike.com/bbcf2018yokohama/ 0570-084-003 (Lコード: 72796)
イープラス http://eplus.jp/billboard-cc2018yokohama/
Yahoo!チケット https://ticket.yahoo.co.jp/
楽天チケット http://r-t.jp/bcf_yokohama
カンフェティ https://www.confetti-web.com/
SOGOTOKYOオンラインチケット http://w.pia.jp/a/billboard-cc/

■お問合せ:SOGO TOKYO 03-3405-9999
(月~土 12:00~13:00、16:00~19:00 ※日・祝日を除く)

■公式HP
http://billboard-cc.com/classics/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top