【イベントレポート】FUJIWARA藤本さん、藤本美貴さんが「セレナ e-POWER」を体験!FUJIWARA藤本さん「e-POWER」の走りに「魔法のじゅうたんみたい!」 - PR TIMES|NewsCafe

【イベントレポート】FUJIWARA藤本さん、藤本美貴さんが「セレナ e-POWER」を体験!FUJIWARA藤本さん「e-POWER」の走りに「魔法のじゅうたんみたい!」

電動化技術「e-POWER」搭載車第二弾! “家族史上、最高でかけたくなる”クルマ、「セレナ e-POWER」を発表!

日産自動車株式会社は、2018年3月1日(木)から全国で発売開始となる、「セレナ e-POWER」発表披露会を日産 グローバル本社ギャラリーにて開催いたしました。



日産自動車 星野朝子専務、町田修一CMMが登壇。「セレナ e-POWER」を発表
 会場に多くのメディアが集まる中、 「セレナ e-POWER」のオープニングVTRが流れました。そして、日産自動車の星野専務が登壇し、「今回、最強のミニバン『日産セレナ』に、新たに『e-POWER』を搭載いたしました。『e-POWER』は一昨年、新型『日産ノート』に初搭載し、爆発的なヒットを続けております。明日発売する『セレナ e-POWER』は、電動化と自動運転化が融合したまさに『ニッサン インテリジェント モビリティ』そのもののクルマに仕上がりました。」と話しました。また、「電気自動車と同じくストレスのないスムースな走り、高い静粛性、燃費効率、そして、アクセルペダルだけで加速も減速もできる『e-POWER』ならではの『e-POWER Drive』で、誰をも魅了する感動の走りを実現いたします。」と「セレナ e-POWER」の魅力を話しました。最後に「これからも技術の日産が送り出す『ニッサン インテリジェント モビリティ』にどうぞご期待ください。」と締めくくりました。
 その後、町田チーフマーケティングマネジャー(CMM)より、「一番大切なことは、『セレナ』は家族のためのミニバンであるということです。更に、日産自動車が進める『e-POWER』に象徴される、電動化、プロパイロットに象徴される自動運転化技術が『セレナ』をお使いいただくご家族の生活を更に豊かにし、毎日をアグレッシブなものにしていくと信じております。その想いを込めて、“家族史上、最高でかけたくなる”を『セレナ e-POWER』のコミュニケーションワードとし、今後皆さまにご実感いただきたいと思っております。」と力強くお伝えしました。最後に、日産グローバル本社ギャラリーで開催している、「家族史上、最高写真展」について、一般の方々の家族の「おでかけ」写真を600点以上展示していると紹介し、「この写真のような素敵な笑顔を『セレナ e-POWER』でつくっていただきたい、それが私たちの想いです。」と語りました。

パパ・ママ代表としてお笑い芸人FUJIWARAの藤本敏史さん、タレントの藤本美貴さんが登場!


 そして、家族史上、最高のパパ・ママの代表として、お笑い芸人FUJIWARAの藤本敏史さん(以下:FUJIWARA藤本さん)と、 タレントの藤本美貴さんが登場しました。登場早々に、家族仲はどうかと質問されると、FUJIWARA藤本さんは「うちの家族は最高ですよ!街を歩いていても、すれ違う人たちに「家族史上最高だね!」って言われます!」と早速「セレナ e-POWER」のコミュニケーションワードを使い、会場を和ませました。また、最高の家族を感じるエピソードを質問されると、藤本美貴さんは寝る前に無音で子供たちと踊っているエピソードを話し、会場を驚かせました。

家族の思い出「家族史上、最高写真」を披露!


 同日より日産グローバル本社ギャラリーにて開催される、「家族史上、最高写真展」に合わせて、お二人も「家族史上、最高」のおでかけ写真を披露しました。FUJIWARA藤本さんは、家族で沖縄の海に入った際の1枚を披露。その写真には、海で気持ちよくなり、寝てしまった次女を抱いているFUJIWARA藤本さんと、その様子を見ている長女が写っていました。FUJIWARA藤本さん自身も「いい写真じゃないですかー!」とお気に入りの様子でした。
 藤本美貴さんは、家族で公園で遊んでいる写真を披露しました。旦那さんの頭に娘さんが自分の帽子を被せた瞬間を撮った1枚でした。藤本美貴さんは「大きな公園でピクニックみたいに敷物を引き、紅葉の時期だったので綺麗でしたよ。」と、撮影時のエピソードを話しました。お二人が披露した写真は、家族の仲の良さが自然に伝わる1枚でした。

FUJIWARA藤本敏史さんが選ぶ「家族史上、最高写真展」のお気に入りの1枚は“うらやましい娘とのキスショット”!


 続いて、すでに展示されている「家族史上、最高写真展」の中から、それぞれがお気に入りの写真を選びました。FUJIWARA藤本さんは、「これいいですよね~。パパと娘ちゃんなんでしょうね。最高でしょ、これ!」と夕日のビーチで父と娘がキスしている写真を選びました。「ちょっとうらやましいなと思って選ばせていただきました。最近娘がチューをしてくれなくなってきたんで、いいな~って思って。」と、娘をもつお父さんらしい理由を明かしました。
 藤本美貴さんは「これ!大自然で、良い写真を撮るっていうよりも日常の自然体なところに幸せがある感じがいいですよね!」と森の中を歩くお母さんと子供2人の写真を選びました。

FUJIWARA藤本敏史さん、藤本美貴さんが「セレナ e-POWER」の試乗体験、スムースな運転感覚と、室内の静かに感激!
 事前にお二人には、「セレナ e-POWER」の試乗をしていただきました。試乗した感想についてFUJIWARA藤本敏史さんは「びっくりしましたよ!e-POWERがものすごい新鮮で、うわっ!っと声をあげてしまいましたよ!動き出しがものすごいスムースなんですよ!どう言ったらいいんだろう…魔法のじゅうたんに乗っている感じ!皆さん、1回試乗してください!」と興奮した様子で語りました。
 藤本美貴さんは「車内が3列で広くて、3列目も大人でもしっかり座れるぐらい広さがあって。あと、静かですよね!みんなで会話を楽しみながら遠出もできますし、家族には最高だと思います!」と絶賛していました。

藤本美貴さんが“家族史上、最高でかけたくなるクルマ”「セレナ e-POWER」で行ってみたい場所は「大自然でキャンプ」!


 最後に、“家族史上、最高でかけたくなるクルマ”「セレナ e-POWER」で行ってみたい場所を聞かれると、FUJIWARA藤本さんは「よく箱根や伊豆の方に温泉に行くんですよ。でも、結構距離も遠いので、運転も疲れるんですよね~。で、温泉入って疲れ取るじゃないですか。でも、帰りがまた…。せっかく温泉で疲れ取ったのに、帰り渋滞にはまったりとかして。」とコメント。「でも、『セレナ e-POWER』だったらストレスも少ないし、帰り道も『プロパイロット』があるから疲れることもないだろうからね。箱根とかに行きたいですね。」と希望を語りました。
 藤本美貴さんは、「私は、さっきの写真みたいな大自然のキャンプが出来るところに行きたいです!荷物もたくさん入るので、いっぱい積んでいきたい!帰りは(車内が)静かなので、私も楽しながら子供も寝られるから、みんなは寝て帰ろうー!(と子供に言いたい)」と語り、『「セレナ e-POWER」発表披露会』は終了しました。

写真展概要


 家族史上、最高でかけたくなる、「セレナ e-POWER」の発売を記念し、2月16日(金)より、SNS(Twitter、Facebook、Instagram)上で、「家族史上、最高」写真コンテストを3月14日(水)まで実施しています。ご自身のSNSアカウントから、ハッシュタグ「#日産セレナ家族史上最高」を付けて写真を投稿していただき、コンテストで優秀作品に選ばれた10名の方には、5万円分の旅行券を贈呈いたします。応募方法については、日産公式インスタグラムアカウントをご確認ください。
 また、日産グローバル本社ギャラリーにおいて「家族史上、最高写真展」を開催いたします。本写真展では、一般のお客さまからSNSで集めた「おでかけ」写真を600点以上展示いたします。

開催期間:2018年2月28日(水)~3月14日(水)まで
開催時間:10:00~20:00
開催場所:日産 グローバル本社ギャラリー

]展示の詳細につきましては、下記日産グローバル本社ギャラリーWEBサイトでご確認ください。

〈日産グローバル本社ギャラリーWEBサイト〉http://www.nissan.co.jp/GALLERY/HQ/
日産公式インスタグラムアカウントhttps://www.instagram.com/nissanjapan/

セレナ e-POWER ‐車両概要‐


 「セレナ e-POWER」は、「セレナ」が誇る室内の広さや使い勝手の良さ、乗り心地の快適性はそのままに、100%モーター駆動ならではの力強くスムースな走りの楽しさとワンランク上の高い静粛性、そして、優れた燃費性能を実現したモデルです。
エクステリア、インテリアの随所に「e-POWER」の先進性を象徴するブルーのアクセントを施しました。エクステリアでは、空力特性に優れたデザインの専用アルミホイールやルーフサイドスポイラーなどを採用しました。また、インテリアでは、2列目にキャプテンシートを採用することで、ロングドライブでも快適に過ごすことができます。さらに、従来の「セレナ」で、好評の高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」を「セレナ e-POWER」にも採用しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
page top