【画像】生きがいは必要…「老いらくの恋、大いにアリ」約7割 (1/1)| NewsCafe

生きがいは必要…「老いらくの恋、大いにアリ」約7割 1枚目の写真・画像

恋愛 ニュース

「老いらくの恋」という言葉は、歌人・川田順が「墓場に近き老いらくの、恋は怖るる何ものもなし」と詠んだことから生まれた。昭和19年、川田は、京都大学経済学部教授・中川与之助夫人である歌人・鈴鹿俊子と出会い恋をする。川田は妻を亡くした63歳、一方の俊子は3人
「老いらくの恋」という言葉は、歌人・川田順が「墓場に近き老いらくの、恋は怖るる何ものもなし」と詠んだことから生まれた。昭和19年、川田は、京都大学経済学部教授・中川与之助夫人である歌人・鈴鹿俊子と出会い恋をする。川田は妻を亡くした63歳、一方の俊子は3人

恋愛 アクセスランキング

  1. ”LOVEボルテージ”がフルMAX…!彼を熱くする「ディープキスのテク」4つ

    ”LOVEボルテージ”がフルMAX…!彼を熱くする「ディープキスのテク」4つ

  2. もう、一生セックスしないのかも…。【40代、50代の性のリアル】#1

    もう、一生セックスしないのかも…。【40代、50代の性のリアル】#1

  3. 一目惚れは危険!?結婚後に豹変するオトコの特徴3つ

    一目惚れは危険!?結婚後に豹変するオトコの特徴3つ

  4. A型男子のセックスはサクッと!? 相性の良い血液型は?

  5. 12星座で占う今週の恋愛運(5/21-5/27)目まぐるしく変化が続く!

  6. 付き合わなくてもわかる!「その彼はあなたと合わない」サイン

  7. 一緒にいて疲れる…男性が「意識高すぎ女子」が苦手な理由3選

  8. プチプラなのにお嬢様見せ!”GU・ユニクロ”で作る「気品見えコーデ」4選

  9. 時間も”君”も…戻ってきてくれぇ(泣)男が別れを「後悔する瞬間」4選

  10. 心臓が”こんにちは”しそう男をドキドキさせる「悩殺ハグ」とは

アクセスランキングをもっと見る

page top