生理中、お腹に”激痛”が!?救急車がくる事態になり…→「恥ずかしい(泣)」 | NewsCafe

生理中、お腹に”激痛”が!?救急車がくる事態になり…→「恥ずかしい(泣)」

恋愛 恋愛jp
生理中、お腹に”激痛”が!?救急車がくる事態になり…→「恥ずかしい(泣)」
生理痛やPMSに悩んでいる方も多いでしょう。
症状が酷く、動けなくなってしまったことがあるというケースも……。

今回は、ぴおっぷ(@pioppu_tegakipop_manga)さんの体験談を描いた人気漫画『ピルユーザーになった話』をご紹介します。
※この記事は作者の実話ですが、すべての方が当てはまるとは限りません。
必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。
※本作品には症状を描写するシーンがございます。閲覧の際はご注意ください。

あらすじ


昔から酷いPMSと生理痛に悩まされていたぴおっぷさん。
お腹に針で刺されたような激痛が走り、倒れてしまいます。
すると父が救急車を呼んでくれて……。

質問に答えると……










救急車で病院へ行くことに!?


救急隊が来た頃には、だいぶ痛みが落ち着いていたぴおっぷさん。

その後、搬送先の病院で診察を受けた結果、貧血ではなくて……。
ぴおっぷさんを襲った激痛の原因とは、一体!?

漫画監修:医学博士、医師 横倉恒雄(よこくら・つねお)
婦人科、心療内科、内科横倉クリニック・健幸外来サロン(港区芝)院長。
東京都済生会中央病院に日本初の「健康外来」を開設。故・日野原重明先生に師事。病名がないものの不調を訴える患者さんにも常に寄り添った診療を心がけている。著書『今朝の院長の独り言』『病気が治る脳の健康法』『脳疲労に克つ』『ハッピースイッチの入れ方』他。日本産婦人科学会認定医 /日本医師会健康スポーツ医/日本女性医学学会 /更年期と加齢のヘルスケア学会ほか。



※この記事は実話を元に作成されていますが、すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。






(MOREDOOR編集部)
(イラスト/@pioppu_tegakipop_manga)
※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

【続きはこちら】「救急車乗るの!?」搬送先の病院で診察を受けたら…→医師「貧血じゃなくて…」
【PMS原因タイプ別チェック】イライラ、頭痛、つらい症状の原因って?→自分のタイプに合った対処法とは!?
「たかが生理で…サボりじゃん!」”生理痛が重い私”に発した友人の一言に怒りを覚え…【性教育漫画まとめ】
《恋愛.jp》

特集

page top