指原莉乃、アイドル時代のライブツアーでやってしまった“痛恨のミス”に「やばい」「気まず!」の声 | NewsCafe

指原莉乃、アイドル時代のライブツアーでやってしまった“痛恨のミス”に「やばい」「気まず!」の声

芸能 E-TALENTBANK
指原莉乃、アイドル時代のライブツアーでやってしまった“痛恨のミス”に「やばい」「気まず!」の声

5月16日放送のフジテレビ系『トークィーンズ』に出演した指原莉乃が、HKT48在籍時に経験したコンサートでの“やらかし”エピソードを明かした。

【関連】指原莉乃、アイドル時代の“口パク”疑惑?に言及「グループ全体で…」

この日の番組にゲスト出演したimaseは、「ステージ前でカッコつけるのとかも慣れてなくて。例えば煽りとかで『いけるかお前ら!』みたいなことを言ったりするじゃないですか。それも恥ずかしかったり」「サビとかの盛り上がるところで、めちゃくちゃボソッと小さい声で『まだまだいけるかお前ら~』みたいな」と、自身のステージを振り返った。

この流れで、指原は、「私もアイドル時代にライブで色々なところに行って、最年長だったのでそういう場面を任される」と切り出した。

続けて、「HKTだったので九州を巡るツアーをやってた時に、長崎で『行くぞー!長崎!』って叫んだら佐賀だったんですよ」と明かすと、周囲からは、「やばいそれは!」「気まず!」という声が飛んでいた。


《E-TALENTBANK》

特集

page top