Sexy Zone中島健人、“アイドル”とは?マリウス葉へのエール感じられる内容に | NewsCafe

Sexy Zone中島健人、“アイドル”とは?マリウス葉へのエール感じられる内容に

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
中島健人(C)日経BP
【モデルプレス=2023/01/04】Sexy Zoneの中島健人が、4日発売の『日経エンタテインメント!』2月号のロングインタビューに登場。「11年目に立てた起点」と題して、潮目が大きく変わったこの2年余りのSexy Zoneと個人活動について語っている。

【j関連記事】Sexy Zoneマリウス葉、危険な言い間違いに中島健人から厳しい指摘

◆中島健人“この2年”を振り返る

2022年はCDデビューから11年目にあたる年だった。中島個人は2本の映画が公開、CMは4社増になり、グループとしても6月にリリースしたアルバムが自己最高のセールス、12月には悲願の初ドームライブを開催。それまではグループの編成が変わったり、メンバーの活動休止があったりと、不安定なイメージが拭えなかった彼らだったが、ようやく様々な歯車がかみ合い、形になり始めた。そのために中島自身やグループがどう動いていったかを話している。

実現まで11年以上かかったドーム公演についても経緯や心境を吐露。「せっかくなら、10周年だった21年にやりたかったのでは」という問いかけには、「今でよかったと思う」(中島)。この1年で弟組(佐藤勝利、松島聡)がいかに成長したかに触れつつ、今のタイミングでできた幸運を説明する。

◆中島健人「アイドル」を考察

「アイドル」というものに対する考察も興味深い。Sexy Zoneは、体調不良で約2年活動を休止していたマリウス葉が22年12月31日をもって芸能界から引退したばかり。取材は引退発表前に行われたものだが、「アイドルって、夢って言葉をよく口にするけど、夢って達成したらまた次の夢ができるものだし、自分の成長とともに変わるものだったりする。だから『夢を見ている』とか『見させてもらう』その時間がいちばん幸せかもしれない」と中島。その言葉からは、マリウスと過ごした時間がかけがえのないものであることやエールが感じられ、“推し”を持つ人の心にズンと響くはずだ。

プライベートトークでは、よく作るおうちごはんから、お酒のアテ、好きなクレンジングのタイプなど10問。また、12月16日に行われた初ドームライブのレポートも掲載。これまでのすべてを受け入れ、前に進もうとするSexy Zoneの決意が伝わる誌面となっている。

◆乃木坂46、表紙に登場

表紙&巻頭インタビューは乃木坂46。“即戦力”と呼ばれる5期生の加入でメンバー構成が大きく変わるなか、10年以上続くグループの歴史をどう受け継ぎ、どんな可能性を広げていくのかを5人のメンバー(井上和、川崎桜 ※「崎」は正式には「たつさき」、一ノ瀬美空、梅澤美波、秋元真夏)に聞いている。

メイン特集は「2023年の新主役100人」。徐々にコロナ禍から復調しつつある23年のエンタテインメント界で輝く期待の星は誰か。俳優、音楽、芸人など、オールジャンルから注目の才能を紹介する。北村匠海、萩原利久、鈴鹿央士、関水渚、井口理(King Gnu)、緑黄色社会、超学生、ビスケットブラザーズ、ハライチらのインタビューも。

ほかには、元日に舞台『JOHNNYS’ World Next Stage』が開幕したHiHi Jetsと美 少年、BTSが所属するレーベルなどを擁するHYBEが仕掛ける新たなグローバルグループ&TEAMなどがスペシャルインタビューに登場。注目作品をひもと解く「5大キーワードで知るテレビ冬ドラマ」などの特集も組まれている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top