ぼる塾・田辺、“推し”KAT-TUN亀梨和也のおかげで言えるようになったこととは?「月を見るだけで泣ける」 | NewsCafe

ぼる塾・田辺、“推し”KAT-TUN亀梨和也のおかげで言えるようになったこととは?「月を見るだけで泣ける」

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
(左から)アンジェリーナ1/3、田辺智加、犬山紙子、オカリナ、でか美ちゃん (C)日本テレビ
【モデルプレス=2023/01/04】4人組お笑いカルテット・ぼる塾の田辺智加が、4日放送の日本テレビ系『上田と女が吠える夜 新春2時間SP』(21時~)に出演。推しであるKAT-TUNの亀梨和也のおかげで言えるようになったことを明かす。

【写真】亀梨和也、客席横からまさかの登場 土屋太鳳に生プロポーズ

◆ぼる塾・田辺、亀梨和也推しを語る

今回の放送は、推し活にはまる女たちが叫ぶ「推しに生かされてるやつ」、今議論したい女の本音を徹底討論「女が吠える夜100人調査」、豪快&我が道を行く「女にモテるかっこいい女」の豪華3本立て。

推しに愛を注ぎ、推し活にはまる女たち、アンジェリーナ1/3、犬山紙子、大久保佳代子、オカリナ(おかずクラブ)、叶美香、草野華余子、田辺、でか美ちゃん、ファーストサマーウイカ、若槻千夏が、推しへの愛を思う存分叫ぶ。熱量が高すぎてMCの上田晋也(くりぃむしちゅー)の歯も吹き飛ぶ異常事態に。

田辺の推しはKAT-TUNの亀梨和也。亀梨のアクリルスタンドを常に持ち歩き、たとえロケ中でも手放さない。そんな田辺は推しのおかげで堂々と言えるようになったことがあるという。それは一体?さらに「推しがいると月を見るだけで泣ける」というその真意とは?

◆叶美香&でか美ちゃんら推し活を語る

叶の推しは、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』。そのハイクオリティーなコスプレは世のオタクたちをざわつかせるほど。「推しと同じ格好をするのではなく、推しそのものになるのがアートコスプレ」とポリシーを語り、常に持ち歩いている意外なアニメグッズや、ゴージャスなグッズ保管方法も公開。さらに、姉妹で推し活にはまりすぎた結果、グッドルッキング・ガイとの間に生じた思わぬ弊害を明かす。

でか美ちゃんは、推しのためなら仕事も休むべきと新たな働き方改革を提案。コラムニスト・犬山は、推し活にちゃちゃを入れてくるアンチに物申す。オカリナは、逆に自分推しのファンから渡された連絡先を見て戦慄。ファーストサマーウイカの過激な古参ファンが実は○○だった…奇跡の再会エピソードにスタジオは感動に包まれる。

SPゲストの板垣李光人は「僕もそちら側の人間なんです」と、K-POPアイドル推しを告白。しかも限界オタク?板垣の推し活の極意「魂を飛ばす」とは?「過去一、テンションが上がった収録」と共感する。

◆松村沙友理・若槻千夏・chayら女の本音さらけ出す

他にも、いとうあさこ、エルフ荒川、chay、松村沙友理、森口博子、安めぐみ、ゆめぽて、若槻、そしてSPゲスト・長嶋一茂が、街の女性に聞いた“今議論したいあれこれ”をスタジオで徹底討論。女たちが本音をさらけ出す。

・韓国で話題の『エゴマの葉論争』…あなたは許せる?許せない?

街の女性に聞いた『彼氏に焼きもちを焼いてしまう瞬間』とは?リアルな声から派生して、スタジオもあり?なし?で大盛り上がり。

・『彼氏が女友達の重い荷物を持ってあげる。許せる?許せない?』

安は「もしも夫の東さんが持ってあげていたら、“優しさMAXだな”って思います」と許せる派。そんな寛容な安も「付き合いたての頃は焼きもちを焼いちゃって、東さんの好きなタイプの女友達と一緒に食事をした時に…」と告白。浮気されないように安がとった行動とは?

・『好きな男性に告白された途端に冷めてしまう蛙化現象。経験ある?ない?』

街の女性に聞いた『好きな男性に冷めた瞬間』にスタジオは激論。店員を呼んだのに気づかれない、運転センスがない男、醜態をさらけだして逆に恋が実った瞬間、力説エピソードが次々と登場する。

◆若槻千夏&chay、ベストな絵文字について論争

若槻の持ち込み企画『上の世代が使っていると嫌な絵文字・好印象な絵文字』。当番組でも度々論争になってきた今の時代、ベストな絵文字って何?もはや流行を教えて欲しいと街の女性に聞いた『嫌な絵文字・好印象な絵文字』にスタジオから悲鳴が。

chayが「これを見た瞬間、閉じます。こんな不快な絵文字ない」というNG絵文字とは?50代の長嶋一茂は普段どんな絵文字を使っているのか、収録で一緒になった女性タレントに送るLINEを公開すると、スタジオはとんでもない空気に…。街の100人調査から明らかになる、気になる女の本音が次々と溢れ出す。

◆野々村友紀子&仲宗根梨乃、豪快エピソード披露

さらに、女にモテる女が集結。入山法子、大久保、大島由香里、高田真希(※「高」は正式には「はしごだか」)、仲宗根梨乃、ナヲ、野々村友紀子、眉村ちあき、MEGUMI、若槻が、かっこ良すぎるエピソードを連発する。

野々村は、人目を気にせず着替えることができると豪傑。「ロケ車の中でカーテンを閉めるのがめんどくさい。歩行者と目が合っても会釈すれば終わりやで」と大胆発言で上田を驚かせる。また、夫婦ゲンカの最中に夫から「うるさい、だまっとけ!」と言われた野々村は、黙って自室に戻り…。「それから夫の態度が急に軟化した」と夫を震え上がらせた行動とは?野々村の豪快過ぎるお風呂の入り方にスタジオは笑いの渦に包まれる。

前回の番組出演でマイワールド全開で話題を呼んだ、沖縄出身の世界的ダンサー・仲宗根は、今日も昔も自由奔放。「高校時代は国際通りが縄張りだった」と、街中で踊りまくっていた青春時代を振り返る。

誰に対しても壁を作らず距離を詰めていく仲宗根だが「エネルギー的に張っている人はそっとしておきます」と、スタジオの中に苦手な人がいるという。その意外な人物とは?さらに、憧れのマイケル・ジャクソンにまつわる豪快エピソードにスタジオがどよめく。

◆若槻千夏、海外一人旅で窮地を脱した豪快な手段とは?

バスケット女子日本代表・高田は「鍛えてるから電車は使わない。歩く」「空手をやっていたので殴り合いなら勝てる」と屈強で怖いもの知らず。そんな高田でさえ、過酷過ぎて「一人で来るところじゃない…」と戦意喪失してしまった場所とは?

若槻は「タイに一人旅に行った時に、帰国するお金がなくなっちゃって…」と窮地を脱するべく考えた豪快な手段に、女たちは「すごい発想!」と目からウロコを落とす。大島は「寝るときはいつもパンイチ」なのに“寝起きドッキリ”の仕事が舞い込む。マネジャーが大島に内緒で考えた作戦とは?

入山は、海外のどんな環境にも怯まない意外な豪快エピソードを明かす。豪快女たちの圧に、プロランナーの大迫傑は「エネルギーの塊が押し寄せてきて…」と防戦一方になる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top