山下リオ、独立後初主演 “W不倫”描く「わたしの夫は―あの娘の恋人―」実写ドラマ化&キャスト発表 | NewsCafe

山下リオ、独立後初主演 “W不倫”描く「わたしの夫は―あの娘の恋人―」実写ドラマ化&キャスト発表

社会 ニュース
(左から)山下リオ、泉澤祐希、紺野彩夏、佐伯大地(提供写真)
【モデルプレス=2022/12/02】女優の山下リオが、2023年1月14日スタートのテレビ大阪・BSテレ東の真夜中ドラマ「わたしの夫は―あの娘の恋人―」(テレビ大阪、毎週土曜深夜1:00~/BSテレ東・BSテレ東4K、毎週土曜深夜0:00~)で主演を務めることが決定。山下は今年8月に所属事務所を退所しフリー転身後、初主演となる。

【写真】坂口健太郎、胸キュンシーンで竜星涼&泉澤祐希に嫉妬?「悔しかった」

◆「わたしの夫は―あの娘の恋人―」実写ドラマ化

これまで「名建築で昼食を」、「ホメられたい僕の妄想ごはん」、「イケメン共よ メシを喰え」など注目を集める作品を放送してきた土曜深夜の真夜中ドラマ。今回は、大人の恋愛ミステリーをテーマにした連続ドラマ「わたしの夫は―あの娘の恋人―」をお送りする。

人気コミック配信サービス「めちゃコミック」で600万DL突破の人気オリジナル同名漫画(漫画:ツキシロギン、作:あいざわあつこ)を原作に、W不倫をきっかけに始まるそれぞれの復讐と思惑、そして新たな恋を繊細に描く。

笹野香織と笹野拓也は仲の良い夫婦だが、香織は1つだけ不満が。それは、不妊治療中にも関わらず、夜の生活が「ボイコット」状態にあること。香織は、この事実だけは周囲にバレないように明るく取り繕ってきた。

そんなある日。同期入社の親友・由紀との会話で、拓也の「裏アカ」の存在を知る。そこには不倫を匂わせる投稿の数々が。香織は不倫相手・三島睦美を特定。その夫である三島恭介のもとへ向かい、2人の絶縁に協力するよう求める。

すると、恭介は「香織とセックスすること」を条件に承諾。その後、拓也と睦美を尾行した先で香織は関係に応じる。証拠も手に入れ、これで終わりかと思いきや、価値観の近い恭介への恋心が芽生える。

◆山下リオが主演 泉澤祐希らキャスト発表

主人公でアパレルブランドのリーダー・香織役を演じるのは山下。「このドラマは、業というものに触れた人間たちの、自分だけの密かな顔が、まざまざと映り込んでいる作品になるのでは。今回初めて共演する方ばかりですが、作品を通してお互いどんな顔が見えてくるのか楽しみ」と期待を寄せ、「1月クール、衝撃の嵐に皆様を巻き込めればと思います」と意気込み。

香織の夫で不動産会社の営業マン・拓也役には泉澤祐希。「拓也は悪い事はしていますが、素直で、ちょっと変でどこか憎めないキャラクターだと思いました。とにかく、脚本を読んだ時、先の展開が気になりすぎて仕方ありません。このドロドロ、ハラハラを見てくださる方にもお届けできたら」とコメント。

そして拓也の元職場の派遣社員で、現在は主婦であり拓也の不倫相手・睦美役を演じるのは紺野彩夏。「私が演じる睦美は、幸せを追い求めるあまり、今の自分の幸せだけを見て行動する役どころです。不倫がテーマではありますが、登場人物にどこか魅力を感じてしまうストーリー展開になっています。この4人がどんな結末を迎えるのか、最後まで見届けていただけると嬉しい」と呼びかけた。

睦美の夫で大学の准教授・恭介役には佐伯大地。「不倫を巡って起こる様々な、人間の生々しい争いなどが満載なドラマなので、演じることが楽しみ半分、怖いなぁと言う気持ち半分、今までにない不思議な感覚です」と率直に明かし、「間違いなく僕が今までに演じたことがない役なので、楽しんでいただけるように精一杯演じます」と語った。(modelpress編集部)

◆山下リオ(笹野香織役)コメント

人間誰しも、自分しか知らない自分の顔がある。自分しか聞けない心の声がある。それがどれほど醜く美しいものでも、自分がどう受け取るかによって景色は変わってくる。このドラマは、業というものに触れた人間たちの、自分だけの密かな顔が、まざまざと映り込んでいる作品になるのでは。今回初めて共演する方ばかりですが、作品を通してお互いどんな顔が見えてくるのか楽しみです。1月クール、衝撃の嵐に皆様を巻き込めればと思います。

◆泉澤祐希(笹野拓也役)コメント

拓也役の泉澤祐希です。拓也は悪い事はしていますが、素直で、ちょっと変でどこか憎めないキャラクターだと思いました。とにかく、脚本を読んだ時、先の展開が気になりすぎて仕方ありません。このドロドロ、ハラハラを見てくださる方にもお届けできたらと思います。不倫ものではありますが、そこから予想も付かない展開が待ち受けています。楽しんで観て頂けたら幸いです。

◆紺野彩夏(三島睦美役)コメント

このお話をいただいたときは、今まで演じたことのないキャラクターなので、単純に嬉しいという気持ちと、どんな人物ができあがっていくのか、とても楽しみだなと思いました!私が演じる睦美は、幸せを追い求めるあまり、今の自分の幸せだけを見て行動する役どころです。不倫がテーマではありますが、登場人物にどこか魅力を感じてしまうストーリー展開になっています。この4人がどんな結末を迎えるのか、最後まで見届けていただけると嬉しいです。

◆佐伯大地(三島恭介役)コメント

三島恭介役を演じます、佐伯大地です。不倫を巡って起こる様々な、人間の生々しい争いなどが満載なドラマなので、演じることが楽しみ半分、怖いなぁと言う気持ち半分、今までにない不思議な感覚です。間違いなく僕が今までに演じたことがない役なので、楽しんでいただけるように精一杯演じます。

◆漫画:ツキシロギンコメント

スゴイ!ドラマ化です!!嬉しいです!!!原稿描きながら「ドラマ化したらいいな」と考えたことはありましたが、実際には手に届かないものだと思っていましたので、ご連絡を頂いた時は本当に驚きました。そして、嬉しすぎて、ウキウキしすぎて、その日は原稿が全く手につきませんでしたね(笑)。

ドラマの放送を楽しみにしています。応援して下さっている読者の皆様ありがとうございます。今回のドラマがきっかけとなり、漫画の方も興味を持っていただけましたら幸いです。

◆原作:あいざわあつこコメント

はじめてお電話でドラマ化のお話をいただいたとき、思わず変な声をあげたのを覚えていきます。素敵な俳優さんたちの手によって、漫画とはまた違う香織、恭介、拓也、睦美が生まれるんだろうと思うと、いち視聴者として今からとても楽しみです!

ツキシロ先生、担当編集さん、そして一番はもちろん、読者の皆様にたくさんの感謝を込めて。ドラマも応援よろしくお願いします!


【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top