吉沢亮「裕福な家ではなかった」幼少期のクリスマスの思い出明かす | NewsCafe

吉沢亮「裕福な家ではなかった」幼少期のクリスマスの思い出明かす

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
「こんにちは~」とマイクで声を響かせ、スタッフに怒られる吉沢亮(C)モデルプレス
【モデルプレス=2022/12/01】俳優の吉沢亮が1日、六本⽊ヒルズアリーナで開催されたディオール(DIOR)の期間限定ポップアップイベント「アトリエオブドリームズ」のプレビューに出席。幼少期のクリスマスの思い出を語った。

【写真】吉沢亮、中学時代の過去写真が話

◆吉沢亮、クリスマスの思い出は?

オープンに先駆けたプレビューには、ディオールビューティアンバサダーを務める吉沢が来場。ディオールのブラックスーツを身に包み、クリスマスツリーをバックに次々とクールなポージングを決めフォトコールに応じた。

ホリデーフレグランスを発売するなど香りに強いこだわりを持つディオール。そんなフレグランスにちなみ、役作りと香りを結びつけることはあるのか問われると吉沢は「役作りにおいて香りを意識することはないですけど」と前置きしつつ、「人の記憶とともにあるのである香りを嗅いでぶわっと思い出したりするのは、普段の作品作りと同じなのかなって気もするし、表現することと共通する部分がある気がします」と演技で表現することと香りの共通点を語った。

また、クリスマスギフトにまつわる思い出を尋ねられると「小さい頃はサンタさんが来てくれてたのでゲーム機本体をもらっていました」とコメント。「裕福な家ではなかったので誕生日かクリスマスにしか大きなプレゼントはもらえたなかったので毎年クリスマスは楽しみにしてました」としみじみ。続けて「サンタさんは小6まで来ていました」といたずらっぽい笑みを浮かべ、話題を締めくくった。

◆ディオール期間限定イベント「アトリエオブドリームズ」

「アトリエオブドリームズ」は2日~11⽇まで六本⽊ヒルズアリーナにて開催予定。

クリスチャンディオールが愛した邸宅ラコルノワール城をイメージした幻想的な会場には、ゴールドに光輝くシャンデリアや、満点の星が降り注ぐかのようなイマーシブルーム、META Sparkとのコラボレーションにより実現した拡張現実(AR)など、心躍るコンテンツが凝縮されている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top