【100万円の古民家】第7話:壊れた屋根を切断して取っ払ったら劇的に世界が変わった! ビフォーアフターを比べたら一目瞭然で超スッキリ!! | NewsCafe

【100万円の古民家】第7話:壊れた屋根を切断して取っ払ったら劇的に世界が変わった! ビフォーアフターを比べたら一目瞭然で超スッキリ!!

面白ネタ・雑学 ロケットニュース24
【100万円の古民家】第7話:壊れた屋根を切断して取っ払ったら劇的に世界が変わった! ビフォーアフターを比べたら一目瞭然で超スッキリ!!

【100万円の古民家】第7話:壊れた屋根を切断して取っ払ったら劇的に世界が変わった! ビフォーアフターを比べたら一目瞭然で超スッキリ!!

ひたすらゴミを集めて、「トンパック」と呼ばれるデカい袋に入れて……の作業を繰り返している100万円の古民家隊だが、つい先日、久しぶりに絵的に映(ば)える作業を行った。何をしたのかというと──

壊れた屋根を一刀両断!

この古民家を購入してから、ずっと気になっていたのが、斜めに倒れかけた(というか倒壊している)玄関ポーチの屋根である。それはまるで長すぎてチラチラと目に入る前髪のように、うっとうしかった。

そこで我らが解体作業のリーダーIMAZUさんに「これ、切れませんかね……」と相談してみると……

やるかぁ〜!

──と快諾。なんでもOKだなIMAZUさん。というか、今回の解体作業をホービエン(豊美園)軍団にお願いして本当によかった……とあらためて思う。物置小屋の片付けだけでなく、臨機応変に対応してくれるからだ。

で、まずIMAZUさんはバールのようなものを持ち出し、どのように屋根部分を解体するのか様子を探っているようす。そして……

お得意のユンボで……

まず屋根を1枚剥がしたが、

どうも納得いかなかったようで、今度は「サンダー」と呼ばれる道具を手に、屋根に登り始めた。そして……

火花を散らしながら、屋根の金属部分を切断。

で、ふたたびユンボに乗り込み……

バコンッ!

ドシャーンッ!

──と、わずか23分で屋根を取り外してしまったのである! なんという早業だろうか……! そして、あらためて玄関部分を見てみると……

すっきり〜!

ビフォーアフター写真を見ても、どれだけスッキリしたのか一目瞭然! それより何より嬉しかったのが、

屋内の玄関部分がメチャクチャ明るくなったこと! 風通しも良くなって一石二鳥。屋根が無くなったことで「ポーチ」ではなく、単なる「入口」になってしまったけど、玄関を開けた時に広がる空に勝るものなし!

ちなみに冒頭の「トンパック」は、「フレコンバッグ」とも呼ぶらしく、IMAZUさんによると「いろんな呼び方があるけれど、オレらは “1トン入るからトンパック” と呼んでいるよ」とのこと。勉強になるなぁ〜。

つづく!

参考リンク:有限会社豊美園(ホービエン)
執筆:GO羽鳥
Photo:RocketNews24


《ロケットニュース24》

特集

page top