みちょぱ、本名“池田美優”での認知度は?思わぬ結果に「ヤバいかもしれない」 | NewsCafe

みちょぱ、本名“池田美優”での認知度は?思わぬ結果に「ヤバいかもしれない」

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
(上段左から)みちょぱ、大久保佳代子、藤本美貴、あばれる君(下段左から)高橋茂雄、長嶋一茂、石原良純 (C)テレビ朝日
【モデルプレス=2022/09/29】モデルの“みちょぱ”こと池田美優が、29日放送のテレビ朝日系クイズバラエティー『ニンチド調査ショー 初回2時間スペシャル』(毎週木曜よる7時~)に出演。本名での認知度が明かされた。

【写真】みちょぱ「唯一芸能界でかっこいいと思った」芸能人明かす

◆みちょぱ「ニンチド調査ショー」ゲスト出演

同番組は、今年の4月と6月にスペシャル特番として放送され、たちまち反響を巻き起こした、時代の変化を世代別の“ニンチド(=認知度)”で斬っていく新機軸クイズバラエティー。

特番から引き続き、MCにはフットボールアワーの後藤輝基とホラン千秋を迎え、幅広い世代の豪華ゲストパネラーとともに“各世代の超意外で驚きのニンチド”をクイズ形式でひも解いていく。気になるゲストは『ザワつく!金曜日』より長嶋一茂、石原良純、サバンナ・高橋茂雄が参戦。さらには、あばれる君、みちょぱ、オアシズ・大久保佳代子、ミキティこと藤本美貴が参加。

冒頭から高橋が「僕だけ、本当は(高嶋)ちさ子さんの方が良かった感ありません?」と言うと、長嶋は「俺はお前のほうが落ち着く」とフォローし、さっそくチームワークの良さを見せつける。和気あいあいと和やかにスタートしたが、この番組の醍醐味は、各世代のリアルな自分のニンチドが浮き彫りとなってしまうこと。はたして、ゲストパネラーたちは最後まで笑っていられるのか。

◆みちょぱ、本名“池田美優”での認知度は?

さっそく、10代のニンチドにまつわるクイズから出題。まずは、各々の10代のニンチドを調査するが、ルールとして、“みちょぱ”ではなく“池田美優”、“ミキティ”ではなく“藤本美貴”、“サバンナ高橋”ではなく“高橋茂雄”と、有名なニックネームやコンビ名を伏せた形で調査していく。この過酷なルールに、みちょぱは「だったらヤバいかもしれない…自分でもたまに(本名が)わからなくなる」と危惧。

はたして長嶋、石原、高橋のザワつくメンバーの10代ニンチドはどのような結果に?そして、ニンチド最下位の者に与えられる、得点が倍になる残酷なシステム、名づけて「可哀想チャンス」の不名誉は誰なのか?リアルな自分のニンチドに、ゲストたちも戦々恐々となる。

収録後ホランは、このクイズを振り返り「みちょぱさんは、愛称でなく“池田美優”さんでニンチドを聞かれるというルールですので、思いがけない結果になったと思います。“みちょぱ”さんで聞いたなら違う結果になったのかもしれません。こういった過酷なルールにより、ゲストの皆さんのニンチドが左右されるのも見どころではないでしょうか」と紹介した。

◆80代の「今、一番人気がある男性俳優」は?

続いては、大人世代であれば知っていて当たり前の言葉も、10代にとってはどれもまったくなじみがなくて…?10個の言葉の中から最も10代ニンチドが低いものを当てるクイズだが、エントリーされたワードは「ワープロ」や「クラッチ」「バリ3」など。若者代表のみちょぱが圧倒的有利?はたして、パネラーたちの解答は?それぞれの答えが発表される際に解説される、そのワードにまつわるうんちくやあるあるにも注目だ。

そして、打って変わり80代のニンチドを調査。ここで、長嶋、石原のザワつくメンバーが覚醒。驚異のニンチドをたたき出すことに。そして、「可哀想チャンス」獲得者は?また80代に聞いた「今、一番人気がある男性俳優といえば」という調査では、日本アカデミー賞受賞俳優から時代劇の大御所まで、幅広い世代の俊英たちがずらりランクインすることに。超難問だと思われた第1位を当てるクイズにまさかの正解者が?

多彩なアプローチのクイズが用意され、各世代間のコミュニケーションの懸け橋となることから、家族視聴にももってこい。誰もが知っているハズだったあの言葉は、若者にはもはや通用しない?年配層にも若者世代の流行やカルチャーが浸透?老若男女のニンチドを調査すると、思いもよらないまさかの事実が発覚し、そこには驚きと発見が満ち溢れている。(modelpress編集部)

◆後藤輝基(フットボールアワー)コメント

この番組は世代によって観方が違って、いろんな世代が観て楽しめる番組だと改めて思いました。…ただ、長嶋一茂さんと石原良純さんの、収録が進むにつれて、後半に行くまでのスタミナのなさが垣間見れましたね(笑)。

それにしても、あの80代の「今、一番人気がある男性俳優といえば」のクイズはよく正解者が出ましたね!すごい役者さんたちの名前が挙がりましたが、確かに正解を聞いたら「そうだ!」と納得できました。視聴者の皆さんも一緒に考えていただけたらと思います。

若い世代も、お父さん、お母さん、おじいちゃんにおばあちゃんと一緒に観て「あの時はこんな感じだったんだ」「今の時代はこんな言い方なんだ」とワイワイ言いながら観られる楽しい番組になっていると思いますので、ぜひともご覧ください!

◆ホラン千秋コメント

この番組は、私たちも事前に番組で出題される問題をもらって、回答者の気分になって実際にやってみるんです。そうすると、みんなで「あれじゃない?いや、これじゃない?!」と盛り上がるんですよね。ということは、ゲストの皆さんも、テレビの前の皆さんもそうやって同じように楽しんでいただけると思うので、いろいろと想像を膨らませて観ていただければと嬉しいですね。

初回の放送でいうと、例えばみちょぱさんは、愛称でなく“池田美優”さんでニンチドを聞かれるというルールですので、思いがけない結果になったと思います。“みちょぱ”さんで聞いたなら違う結果になったのかもしれません。こういった過酷なルールにより、ゲストの皆さんのニンチドが左右されるのも見どころではないでしょうか。

同世代で観ても楽しいですし、世代を超えて観ても興味深いと思います。知らない事実が出てきたら「そんなことあったんだ!」と勉強できる部分もあると思いますので、ぜひ皆さんで楽しんでいただけたらと思います!

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top