「純愛ディソナンス」最終回 慎太郎(高橋優斗)&莉子(畑芽育)が急接近?ラスト展開に反響 | NewsCafe

「純愛ディソナンス」最終回 慎太郎(高橋優斗)&莉子(畑芽育)が急接近?ラスト展開に反響

社会 ニュース
(左から)吉川愛、藤原大祐/「純愛ディソナンス」最終話より(C)フジテレビ
【モデルプレス=2022/09/23】Hey! Say! JUMPの中島裕翔が主演を務め、女優の吉川愛がヒロインを務めるフジテレビ系木曜劇場「純愛ディソナンス」(毎週木曜よる10時~)の最終話が22日に放送された。HiHi Jets/ジャニーズJr.の高橋優斗 (※「高」は正式には「はしごだか」)演じる朝比慎太郎と女優の畑芽育演じる園田莉子の展開に反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

【写真】正樹(中島裕翔)VS慎太郎(高橋優斗)あなたはどっち派?【読者アンケート結果/推しコメント紹介】

◆中島裕翔主演「純愛ディソナンス」

新任音楽教師・新田正樹(中島)と生徒・和泉冴(吉川)の“純愛”を軸にストーリーが進む今作は、常にタブーと背中合わせな2人の純愛が次第に周囲を巻き込みながら、やがて“ディソナンス=不協和音”となりドロドロな展開を生み出していく純愛×ドロドロの“純ドロ”ストーリー。

◆慎太郎(高橋優斗)&莉子(畑芽育)に驚きの声

冴に思いを寄せ続けていた慎太郎だったが、冴から正樹への思いを受け、物語終盤では正樹の事件解決に協力するなど前向きに応援する姿を見せていた。

最終回の終盤では、由希乃(筧美和子)を殺したことから逮捕されたかつてのルームメイト・晴翔(藤原大祐)から「ありがとう」と手紙が届き、莉子は慎太郎に「良かったね」と微笑みかける。そして、料理人を目指す慎太郎が「よし。俺も新メニューの開発頑張るぞ」と意気込むと莉子も「私ももう1回頑張ろうかな、慎太郎のこと!」と密かに慎太郎に想いを寄せていたことを告白。「ん?」「え?」と可愛らしく投げかけ合う2人の姿でそのシーンは幕を閉じた。

この展開を受け、視聴者からは「急接近の予感!?」「2人で幸せになって欲しい」「くっついちゃえ!」「なんて可愛い2人」「結ばれて欲しい」など多くの反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top