星野源、コロナ感染時に結婚指輪を外した理由 隔離期間中の妻・新垣結衣との生活振り返る | NewsCafe

星野源、コロナ感染時に結婚指輪を外した理由 隔離期間中の妻・新垣結衣との生活振り返る

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
星野源、新垣結衣 (C)モデルプレス
【モデルプレス=2022/08/17】音楽家で俳優の星野源が16日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送/毎週火曜深夜1時~)に出演。新型コロナウイルスからの回復後、初のラジオとなり、妻で女優の新垣結衣との“コロナ生活”を振り返る場面があった。

【写真】星野源、金髪アッシュに大胆イメチェン

◆星野源、新垣結衣との“コロナ生活”振り返る

7月26日深夜のANN生放送後、ラジオ局から自宅に帰宅する際に今まで感じたことのない違和感があり、自分の部屋に直行したという星野。そしてその後の新型コロナウイルスの検査で陽性であることが判明。「誰かに、うつしたんじゃないかみたいな…いろんなことが心配になるんですけど」と話しつつ、自身の知る限りでは「結果的に、お仕事関係の人に誰も陽性になる方がいなくて、とにかくほっとしました」と振り返った。

また、新垣について「家でね、結衣さんと『ちょっとまずいかもしれない』っていうやり取り」を隔離のため、個々の部屋からメッセージ等でしていたと回想した星野。そして「『私たちに今できることを全部しよう』ってなって“打倒新型コロナウイルス”ということで『ラジャー』っていう感じに(笑)」と2人で結束し、喚起や消毒などできることをやり尽くしたそう。

そんな中でも「一緒に暮らしてるから絶対なっちゃうような」と星野は、新垣の感染に不安を抱えながらも「『できることを頑張ろう』ということになって、最後までうつらなかったんですよ。とにかくホッとしたし、心から感謝」と新垣への感謝を口にした。

◆星野源、結婚指輪外した理由

また、コロナ感染時の生活の中で「一番大変だった」こととして、自宅のトイレが詰まったことを挙げた星野。消毒を兼ねて、トイレ周りの除菌をしたティッシュも一緒に流していたことが度重なった結果であると切り出した。

助けを呼ぶこともできず、意識が朦朧としている中「道具を探したけどなくて、そこにあったのが左手なんですよ」とし、咄嗟の判断で「指輪を外して、行くぞみたいな感じで」と、手をトイレの奥に突っ込み、ティッシュの塊を掴んだことを笑い混じりに告白。その後も、1人で必死に試行錯誤し、無事解決したと明かした。(modelpress編集部)

情報:ニッポン放送


【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top