峯岸みなみ、指原莉乃の「活躍を喜べなかった」過去の心境&関係性の変化語る | NewsCafe

峯岸みなみ、指原莉乃の「活躍を喜べなかった」過去の心境&関係性の変化語る

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
指原莉乃(C)モデルプレス
【モデルプレス=2022/08/11】女優の峯岸みなみが10日に放送されたテレビ朝日系「キョコロヒー」(深夜0時15分~)にVTR出演。AKB48でともに活動していたタレントの指原莉乃について語る場面があった。

【写真】指原莉乃、手術を報告

◆齊藤京子、先輩・峯岸みなみの言葉にしみじみ

新コーナーにゲストとしてVTR出演した峯岸。正直で飾らないトークが人気だが「本音が面白いと思われやすいタイプなのか、よく(本音を)聞かれるんで答えてるんですけど、本音を消費されたくないのでこっちで調整しないと」「すごい卑怯な技を使ってる気がするっていうか」と、人気のトーク力について自身を評価していないと口に。

「自分に価値がないって思って。私ってすごい『ファーストフード』だから…。『安定感はあるけど爆発力に欠ける』とか、昔から言われててAKBのときから」と自身の芸能人としての才能について思うことがあることを告白した。

これに大きく頷き、真剣に聞き入った日向坂46の齊藤京子は「私、本音で喋ったりするタイプなので…。いろいろ刺さりました」としみじみ。「バラエティは、作るキャラみたいな」とおどけてピースもしてみせたが峯岸の深い言葉が心に残った様子だった。

◆峯岸みなみ、指原莉乃への想い

また、峯岸は指原莉乃についても口に。「AKBにおいては後輩なんですけど、昔は変なプライドでさっしーの活躍を喜べなかったりとか、羨ましいなって思っちゃう自分がいた」と告白。しかし「さっしーがつきぬけてくれたから、友だちになれました」とその後、関係は全く違うものに。

「バラエティ番組のアンケートとか考えるの手伝ってもらったりして、マジで頼りにしてます」と現在は親友関係であることも明かした。

体を張った企画に挑戦することも多い峯岸だが、今後について「この流れ絶対こうだろうっていうのに、臆せず、やりたくなかったら『やらない』って言えるのが、私にとっての芸能人」ときっぱり。真摯に語る峯岸に、齊藤が「かっこいい…!」と尊敬の眼差しを向けた。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top