「昭和っぽ過ぎる!」うっかりつけると【オバ見えするヘアアクセ】(前編) | NewsCafe

「昭和っぽ過ぎる!」うっかりつけると【オバ見えするヘアアクセ】(前編)

女性 OTONA_SALONE/BEAUTY
「昭和っぽ過ぎる!」うっかりつけると【オバ見えするヘアアクセ】(前編)

普段からメイクやファッションに気を使っているオシャレな40代女性。でも、実は何気ないアイテムから一転してオバ見えしている可能性も少なくないのです。そのオバ見え要因となっているアイテムの一つがヘアアクセサリー。ヘアアレンジやヘアスタイルの流行によって、ヘアアクセサリーのトレンドも少しずつ移行しているのですが、それに気づかず使い続けているとオバ見えに……。今回は、オバ見えしちゃうヘアアクセサリーの特徴をご紹介します。

バナナクリップ

長い髪の毛をまとめる際に、ゴム跡がつかないことで人気に火がついたバナナクリップ。90年代に流行したクリップバンスの進化系といっても過言ではないでしょう。ただし、2020年代は80~90年代前後のファッションがリバイバルブームを巻き起こしているので、クリップバンスは逆にトレンド感をもたらしています。

対して、バナナクリップは2000~2010年頃がトレンドの全盛期であったこともあり現代ファッションからすれば微妙に古臭い印象を与えてしまうのですね。しかも、バナナクリップは髪の毛の量が多いと上手くまとめられず髪型が崩れてしまいやすい。見た目のデザイン性、ヘアアレンジの仕上がりともに今の時代にはちょっとマッチしないアイテム。取り入れ方にも気をつけましょう。


《OTONA SALONE》

特集

page top