FANTASTICS木村慧人「同居するなら?」で佐藤大樹を選んだ理由 疲れていてもステージに立ち続けられる“パワー源”とは<「The Usual Night いつもの夜」インタビュー連載Vol.3> | NewsCafe

FANTASTICS木村慧人「同居するなら?」で佐藤大樹を選んだ理由 疲れていてもステージに立ち続けられる“パワー源”とは<「The Usual Night いつもの夜」インタビュー連載Vol.3>

芸能 モデルプレス/ent/wide/show3
木村慧人/FANTASTICS「The Usual Night いつもの夜」インタビュー連載Vol.3(C)モデルプレス
【モデルプレス=2022/06/21】新感覚フェイクドキュメンタリー「The Usual Night いつもの夜」(ABCテレビにて毎週日曜深夜0時55分~/放送後TVer・GYAO!で見逃し配信)に出演中のFANTASTICS from EXILE TRIBEに、モデルプレスが独占インタビュー。第3回は木村慧人(きむら・けいと/22)が登場。

【写真】木村慧人、男子寮での私物を紹介!ベッドでの撮り下ろしショットも

◆FANTASTICS「The Usual Night」インタビュー連載

舞台は都内某所にある男子寮。メンバー同士のコミュニケーションを深めながら、さらなるエンタテインメントの高みを目指すための“共同生活”を、余すところなくカメラが捉えていく。あくまでも架空の共同生活…だが、仕事を終えて帰宅し、リビングでくつろぎ、寝食をともにする、そんな普通の夜を過ごすメンバーの様子は“普段の様子”そのもの。ただ、そこに“フィクション”が混じり合うことで、メンバーも予想だにしなかった、まさかのストーリーが巻き起こっていく。

モデルプレスは今回その男子寮に潜入し、リーダー兼パフォーマーの世界・佐藤大樹、パフォーマーの澤本夏輝・瀬口黎弥・堀夏喜・木村、ボーカルの八木勇征・中島颯太にインタビューを実施。彼等しか知らないメンバーの意外な一面や番組を通して新たに気付いたこと、一層活躍の場を広げた今思う“夢を叶える秘訣”まで、たっぷり語ってもらった。

◆木村慧人、澤本夏輝の“変化”明かす

― この番組を通して気付いたメンバーの新たな一面を教えてください。

木村:夏輝くんがプライベートからボケる姿勢になっています(笑)。今まではボケたりせず見守るタイプだったのですが、それが変わってきました。この番組の撮影をしていて新たに見つかった一面です。

― それにツッコむのは誰ですか?

木村:颯太か僕ですね(笑)。

― この番組で特に好きなシーンはありますか?

木村:「ジェンガ」ですね。(※ジェンガで負けた木村が、中島の弾き語りに合わせ即興で歌ったシーン)あの名曲が生まれたのは僕がジェンガで負けたのがきっかけで、もしあそこで黎弥くんが負けていたらまた違う話になっていたと思うので、そう考えると面白いです。颯太とはガチで歌詞も一緒に考えて、細かい部分までお互い相談し合ったりして…そして今さっき完成しました(笑)!

― 完成版を聴ける日が楽しみです!部屋割りが同じ澤本さんの意外な一面・自分しか知らないというエピソードはありますか?

木村:意外と電気にこだわる(笑)!寝る前に「間接照明はこっちを付けたい」みたいに言ってて、「結構電気にこだわる人だなぁ」と思いました(笑)。

◆木村慧人「もし一緒に住むなら?」で佐藤大樹を選んだ理由

― もし今メンバーと2人で住むなら、木村さんは誰を選びますか?

木村:大樹くんです。普段からお互いにボケたりツッコんだりするので、家でもそれをやってお笑いを鍛えたいなと思って。

― (笑)。家ではそういうことを考えずに休みたいと思ったりはしないですか?

木村:いや、全然です!もういつ来られても、ツッコんだりボケたりできるようにしておきたいです。

― 笑いにストイックですね(笑)。

木村:大樹くんにも「気を抜くな」ってよく言われています(笑)。

◆木村慧人、家にはマンガ200~300冊

― 部屋のこだわりポイントや置いている私物について教えてください。

木村:僕は「ONE PIECE」などのマンガを持ち込んでいます。リビングに「鬼滅の刃」が全巻揃っていますが、あれも僕の私物です。

― マンガはご自宅にもたくさんあるんですか?

木村:はい。「ONE PIECE」「鬼滅」「呪術廻戦」など6作品以上はあるので200~300冊くらいあると思います。

― 今はデジタルで読まれる方も多いですが、木村さんは紙で楽しむ派なんですね。

木村:形に残るタイプが好きなんです。作品によっては表紙の絵柄が繋がる時があったりして、その面白さもあります。

◆木村慧人が演じてみたい役柄&夢を叶える秘訣

― 今、勢いがますます加速しているFANTASTICSさんですが、今後の目標をグループとしてと個人として、それぞれ教えてください。

木村:グループとしては、2020年にアリーナツアーをやる予定だったのですがコロナ禍で中止になってしまったので、いち早くアリーナツアーをやりたいです。ホールツアーの「FAN FAN HOP」も始まるので、アリーナツアー実現に向けてファンの皆さんと力を合わせて、一緒に高みを目指していけたらと思います。

個人としては役者業をもっとやってみたいという気持ちがずっとあります。色々な作品に出られるように頑張りたいです。

― やってみたい役柄やジャンルはありますか?

木村:キュンキュン系の…(笑)。恋愛・青春ものがやりたいです。

― それはぜひ見てみたいです!

木村:頑張ります!

― 最後に“夢を叶える秘訣”をお伺いしたいのですが、2021年8月のインタビューで木村さんは「1人では叶えるのに限界がある。努力をすれば実力はつきますが、実力だけじゃダメで、周りのサポートや環境が必要だなと改めて感じています」とおっしゃっていました。そこから約1年、その考えに変化や「これも大事だな」と思ったことはありましたか?

木村:変わらないです。コロナ禍で改めて「僕たちが踊れているのはお客さんがいるからこそだな」と感じました。久々に有観客ライブを開催した時に、歓声はなくても拍手をいただくだけでパワーをもらって。やっぱり何公演もやっていたら疲れてくるじゃないですか。だけど、パワーをもらえたのはお客さんに見てもらっている時だったんです。ファンの方の前だからこそより力が出ました。

― 貴重なお話をありがとうございました。

(modelpress編集部)

◆木村慧人(きむら・けいと)プロフィール

生年月日:1999年8月16日
血液型:A型
出身地:東京都

◆FANTASTICS from EXILE TRIBEプロフィール

EXILE TRIBEの新グループとして、EXILEの世界・佐藤をリーダーに、パフォーマー集団として2016年12月29日に結成。2017年5月から12月にかけて「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 5 ~夢を持った若者達へ~」を開催し、約3万名の応募者の中から勝ち上がった八木・中島が加入。2018年にシングル「OVER DRIVE」でメジャーデビューを果たした。6月29日にニューシングル「Escape」をリリース。現在ホールツアー「FANTASTICS LIVE TOUR 2022 “FAN FAN HOP”」を開催中。

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top