読者が選ぶ“西野七瀬の名言”5つ【モデルプレス誕生日企画/読者アンケート結果】 | NewsCafe

読者が選ぶ“西野七瀬の名言”5つ【モデルプレス誕生日企画/読者アンケート結果】

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
西野七瀬(C)モデルプレス
【モデルプレス=2022/05/25】5月25日に28歳の誕生日を迎えた西野七瀬。モデルプレスは「あなたが思う西野七瀬の名言は?」をテーマにアンケートを実施。ここでは、読者アンケートで寄せられた名言を5つ紹介する。

【写真】西野七瀬、20cmばっさりショートが可愛すぎる “人生初の姿”に

◆1:「太った鳩を見るのがすごい好きなんです」

西野が乃木坂46在籍時に出演していたグループのレギュラー番組「乃木坂ってどこ?」(テレビ東京系/2011年~2015年)より「太った鳩を見るのがすごい好きなんです」。「エピソードトークを身につけよう」というテーマに沿って番組ではトークが展開されていた。

この放送で「すごい弱いんですけど…」と気まずそうな表情を見せた西野。「太った鳩を見るのがすごい好きなんです…」と大粒の涙を流しながら告白し、スタジオの笑いを誘っていた様子を記憶しているファンの声が多数寄せられた。

<読者コメント>

・「乃木坂46に入りたてで泣きながら言ってるのが印象的だった」

・「アイドルとしてデビューしたての時に涙を流しながら言っていたのがとても可愛いから」

・「七瀬ちゃんを好きになった原点」

◆2:「告白の2度聞きは禁止やで」

2013年6月に放送されていたレギュラー番組(前述)での発言。「地元愛を出していこう」というテーマで地方出身メンバーが地元愛を語りつくす中、大阪出身の西野はMCを務めるお笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀演じる男友達に方言で愛の告白をするというシチュエーションコントを行った。

好意になかなか気づいてくれない日村に対し、西野は告白。突然の告白に「え?」と唖然する日村に対して、西野は「もう!告白の2度聞きは…禁止やで!」と照れながら告げていたという姿を思い出す声が寄せられていた。

<読者コメント>

・「方言が可愛すぎた!」

・「今ではなかなか聞けない関西弁を話しているのと同性でもキュンとした」

・「まさにアイドル時代の名言」

◆3:「真夏おかえり。一緒に頑張ろ!」

2014年に行われた「乃木坂46 2nd YEAR BIRTHDAY LIVE 2014.2.22 YOKOHAMA ARENA」にて生まれた名言の「真夏おかえり。一緒に頑張ろ!」。その後、2018年11月に放送されたレギュラー番組「乃木坂工事中」(テレビ東京系/毎週日曜深夜0時~)では、このライブの場面を西野と秋元真夏が振り返り、話題となっていた。

同グループの4thシングル「制服のマネキン」(2015年)から活動した秋元は、初シングルでありながらいきなり「八福神」と呼ばれる選抜メンバーに抜擢された。一方、西野は八福神からもれてしまったことで秋元に弾き出されたように感じ、2人はしばらく険悪な関係になったという。

その後、同ライブで西野が秋元に呼びかけたことによりわだかまりが解けたというエピソードがファンに根強く語り継がれている。

<読者コメント>

・「乃木坂46史上、最高のエモ案件」

・「七瀬ちゃんが、過去を振り切った瞬間で乃木坂時代での伝説だから」

・「これを言った直後のパフォーマンスがそれまでとは違った感じで、秋元真夏との距離が見るからに近くなって行ったのが嬉しかったから」

◆4:「お前のこと煮込んだる」

2012年10月に放送された番組「乃木坂ってどこ?」で、西野が言った「お前のこと煮込んだる」。

「乃木坂46ハロウィンパーティー!」という企画で、魔女に扮装をした西野の姿と一言が印象に残ったという声が多かった。

<読者コメント>

・「可憐の象徴である七瀬ちゃんのギャップがすごい」

・「ハロウィンのコスプレ企画には少し不釣り合いな言葉選びがなーちゃんらしくて好きだと思った」

・「なぁちゃんが絶対普段言わなそうな言葉だから」

◆5:「不安を持ってないと不安」

2021年9月に放送されたMBS・TBS系「情熱大陸」(毎週日曜よる11時)に出演した西野が吐露した「不安を持ってないと不安」。

番組内では、慎重に言葉を選びながら丁寧に紡いでいる様子が映し出され、視聴者の印象に残ったようだ。

<読者コメント>

・「情熱大陸で言っていたこの言葉がすごく印象深かったから」

・「なーちゃんっぽいし、短い言葉だけどすごく深い」

・「七瀬ちゃんだから言えたことで、不安だからこそ前に進めるってすごいなと思ったから」

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top