“消えた芸人”がドラマ『悪女』出演!「嬉しい」「久々に見た」 | NewsCafe

“消えた芸人”がドラマ『悪女』出演!「嬉しい」「久々に見た」

芸能 まいじつ/entertainment
“消えた芸人”がドラマ『悪女』出演!「嬉しい」「久々に見た」

山口智充 (C)まいじつ 


5月11日、俳優・今田美桜の主演ドラマ『悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~』(日本テレビ系)の第5話が放送された。すっかりテレビから消えたと思ったベテラン芸人の登場に、ネット上でざわめきが巻き起こった。


【関連】吉高由里子“大河ドラマ”主演にブーイングの理由は?「本当にズブズブだな」 ほか

主人公の田中麻理鈴(今田)は、超ポジティブだけど少々ポンコツな新社会人。大きな夢を抱いて大手IT企業『オウミ』に就職したものの、窓際部署「備品管理課」に配属される。


そこでクールな先輩社員・峰岸(江口のりこ)と出会う。ワークライフバランスや副業、リモート会議…「働き方」が大きな転換期を迎えている今、麻理鈴が持ち前の明るさと、峰岸の小ずるい出世メソッドを武器にして出世の階段を駆け上がっていくというストーリーだ。


第5話では、麻理鈴の営業四課への異動が決定。営業四課は課長の三島(山口智充)が率いており、効率化重視のため残業禁止。それどころか、仕事に支障が出るからと課内恋愛も禁止しているという。社員たちが和やかに楽しそうに、そしてモチベーション高く働いていることから一見超ホワイトに見える職場環境だが、実はここにも落とし穴があり…。


2020年3月をもって消えていたぐっさん


「今回、ゲスト出演ながらも主人公張りに出番があった〝ぐっさん〟こと山口智充。彼の登場にネット上が沸きましたね。というのも、山口は一時テレビに出ずっぱりだったものの露出が激減。さらに2020年3月をもってMCを務めていた情報番組『にじいろジーン』(フジテレビ系)が終了したことから、全国ネットのレギュラーがなくなっていたのです。多くの人にとっては、2年以上ぶりに山口を見る機会になったのでは?」(芸能記者)


ネット上には、視聴者から


《ぐっさん久々に見たような…》

《ぐっさん久々に見たな》

《めちゃくちゃ久しぶりにぐっさん見た(笑)》

《ぐっさんお久しぶりやな!》

《ぐっさんがドラマに出てて嬉しい。この調子で多才ぶりを発揮して欲しい》


といった声が多くあがった。


『阿佐ヶ谷姉妹』渡辺江里子、『ハリセンボン』近藤春菜など、毎週のように芸人がキーパーソンとして登場している同作。次は一体誰が出るのだろうか。




《まいじつ》

特集

page top