“ミスコン日本代表グラドル”清瀬汐希、競泳水着で圧巻美脚披露 身体の硬さで思わぬ苦労も | NewsCafe

“ミスコン日本代表グラドル”清瀬汐希、競泳水着で圧巻美脚披露 身体の硬さで思わぬ苦労も

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
清瀬汐希(C)モデルプレス
【モデルプレス=2022/01/22】170cm・Gカップと抜群のスタイルを武器に、グラビアアイドルやモデル、アイドルなど、幅広いジャンルで活躍する、清瀬汐希が22日、都内でDVD写真集『競これ -競泳水着これくしょん vol.01 / vol.02』(デジタル出版)の発売記念イベントを開催。モデルプレスの取材に応じ、同作のみどころなどを語った。

【写真】競泳水着でスラリ美脚がSEXYすぎる!

オール競泳水着の同写真集について、清瀬は「競泳だけっていうのが初めてだったのですごく撮影は探り探りだったんですけど、OLの服装から競泳水着になったり不思議なシチュエーションが多かったので面白かったです」と紹介。8着の競泳水着を着ている中では、「全部好きなのですが、赤と青の水着」がお気に入りと明かした。

◆清瀬汐希の美脚に注目

また、撮影時のエピソードを聞くと「競泳水着だと胸よりもお尻とかを見せるポージングが多いんですけど、身体が硬いのでなかなか振り向くポーズがうまく行かなくて悔しかったです」と苦労も多かったようだが、「こうやって向くと競泳水着でうまくみせられるのかなとか勉強になりました」と成長も実感。

「OLの姿から競泳水着になるシーンは、どうやってみせたらそそられるのかなって考えながら撮影しました」とも振り返り、「競泳水着が好きな人は脚フェチが多いのかなと思って、脚をもじもじさせたり」と持ち前の美脚がたっぷり楽しめるシーンに。「ハイレグの競泳水着もあるので脚がより綺麗にみえるかな」とアピールした。

◆清瀬汐希、2022年は「騒」

そして、最後に2022年の目標を漢字一文字でお願いすると、迷った末に「騒」と回答。「今年1年、ニュースになったり、自分のことで世間を埋めたい!」と意気込んだ。(modelpress編集部)

◆清瀬汐希(きよせ・ゆうき)プロフィール

1997年2月25日生まれ。モデル、グラビア、アイドルグループ「sherbet/Can-on!」のメンバー、さらにはRISEラウンドガールと幅広く活動。2021年には、タイで行われるミスコン「On 8 November 2021」に日本代表として選出。グラビアアイドル・コスプレイヤー専門のサブスクリプション型ファンコミュニティプラットフォーム「Mi-muse by Mi-glamu」(ミーミューズ)でファンクラブ「きよちゃんの秘密基地」を開設している。

1月21日には、8thDVD「僕だけのきよちゃん」(竹書房)も発売。河路由希子との2人組ユニット・Can-on!(カノン)として、3月15日発売のニューシングルのイベントを開催中。

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top