乃木坂46秋元真夏、新内眞衣の卒業後“最年長”メンバーになる上での心がけ「言葉遣いとか…」 | NewsCafe

乃木坂46秋元真夏、新内眞衣の卒業後“最年長”メンバーになる上での心がけ「言葉遣いとか…」

芸能 E-TALENTBANK
乃木坂46秋元真夏、新内眞衣の卒業後“最年長”メンバーになる上での心がけ「言葉遣いとか…」

1月18日、フジテレビ系『乃木坂46のザ・ドリームバイト!』に、乃木坂46・秋元真夏が出演した。

【関連】「さらば同い年」乃木坂46秋元真夏、卒業の高山一実との笑顔2SHOTにファン感動

番組中、乃木坂46の最年長メンバー・新内眞衣が卒業間近であることから、28歳の秋元が一番年上のメンバーになるという話題になった。

それを受け、秋元は「はい。(一番年上に)なっちゃいます」「ちょっと他の1期生よりも飛び抜けて年上なので、言葉遣いとか、若い子の吸収したほうがいいなと思って」とコメント。出演者らに「オジサンやんけ!やってること」「そんな歳でもないやろ」とツッコまれ、笑いが起きた。

そんな秋元は、以前の同番組の放送では、メンバーとのジェネレーションギャップについて語っており、「(ジェネレーションギャップは)ありますね」「昔の流行ってた曲とかドラマの話しても、若い子にあんまり通じないんですよ」と明かしていた。


《E-TALENTBANK》

特集

page top