もう聞きたくない…男性がイライラする「彼女の口癖」3選 | NewsCafe

もう聞きたくない…男性がイライラする「彼女の口癖」3選

恋愛 愛カツ
もう聞きたくない…男性がイライラする「彼女の口癖」3選

口癖って自分では気づかないことも多いもの。


しかも、口癖のなかには男性が嫌う言葉や、誰もが耳障りに思う言葉も少なくありません。


今回は、男性がイライラする「彼女の口癖」をご紹介します。


もう聞きたくない…男性がイライラする「彼女の口癖」3選


「つまり」

「俺が苦手なのは、『つまり○○ってことでしょ?』と、話をまとめてくる女性です。しかも言っていることを全く理解していないこともあって……人の話は最後まで聞けよって思います」(29歳/コンサルティング)


仕事などでダラダラと話し続ける人の会話をまとめるために、「つまり○○ということでしょうか」と使うには便利なテクです。


しかし、恋愛においては、抵抗を感じてしまう男性もいるよう。


「つまり」という言葉に上から目線の印象を感じる人もいるので気を付けましょう。


「いや…」

「元カノで、いつも僕の話を疑って『いや……それはないでしょ』と否定する子がいました。こっちも誇張して話してることだってありますけど、真面目に話しているときまで疑われるのは正直気分が悪い」(25歳/ゲーム)


否定の言葉って、あまり人を愉快な気持ちにはさせませんよね。


相手が冗談を言っているとわかっているのならともかく、そうでないなら基本的には信じてあげるほうが、話はスムーズに進みます。


冗談かどうか微妙なときでも、とりあえず「そうなんだ」と伝えておけば、相手が「いやいや、冗談だから」と否定してくれて不快な気分にはさせないはずです。


「だから?」


「オチがないと許してくれない彼女の『だから?』は、何回か聞いて嫌になりました。日常の話をしているだけなのに、『だからなんなの?』と言われると、問い詰められているみたいな気持ちになる」(32歳/教育)


相手の話の先が見えないときに、つい使ってしまいがちな「だから?」「で?」「それで?」などは、多用しないほうが無難でしょう。


「今日のお昼は明太子パスタを食べたよ」と言われて「だから?」と返してしまったら、話が続かなくなってしまいます。


こういう言葉が口癖な彼女には、あまり日々の出来事を報告してくれなくなりそうですよね。


口癖を直すのは難しいけど…

口癖ってなかなか直すのは難しいですが、そのせいで男性がいつも離れて行ってしまうのであれば大問題です。


自分がついついいつも使っている言葉がないか一度確認してみてくださいね。


(大木アンヌ/ライター)


(恋愛メディア・愛カツ編集部)

《愛カツ編集部》
page top