King & Prince永瀬廉&池田エライザ、悩み相談行うも意見合わず「バチバチしてます」<真夜中乙女戦争> | NewsCafe

King & Prince永瀬廉&池田エライザ、悩み相談行うも意見合わず「バチバチしてます」<真夜中乙女戦争>

芸能 モデルプレス/ent/movie
「真夜中乙女戦争」イベントに大学生お悩み相談イベントに登場した池田エライザ、永瀬廉(C)モデルプレス
【モデルプレス=2022/01/14】King & Princeの永瀬廉と女優の池田エライザが14日、都内で行われた映画「真夜中乙女戦争」(1月21日公開)の大学生お悩み相談イベントに登場。2人の意見が対立する場面があった。

【写真】「おかえりモネ」クランクアップ日に起きた出来事に「奇跡」「感動した」の声


作家Fの初の小説「真夜中乙女戦争」。著書累計部数は55万部を超える新鋭作家による、“平凡で退屈な日々を送る青年が自分自身と東京を破壊するまでの夜と恋と戦争”を描いた物語を実写映画化する。永瀬は主人公の無気力な大学生“私”、主人公が思いを寄せる凛々しく聡明な“先輩”を池田、謎の男“黒服”を柄本が演じた。

◆永瀬廉&池田エライザ、イベントにサプライズ登場

同イベントでは、通常の試写会のつもりでやってきた何も知らない大学生の前に、永瀬と池田がサプライズで登壇し、2人への質問コーナーを実施した。

普段、相談したりされたりすることはあるか尋ねられると、永瀬は「どっちもないかもしれないです。キンプリってそういうタイプじゃないんですよね。(悩みを)抱えているでしょうけど、誰かに相談することはあまりないかもしれないです。あっ、高橋海人(※高は正式には「はしごだか」)くらいですかね」とコメント。比較的、相談される方だという池田は、どんな相談を持ち掛けられるのか追求されると「家具とか?」とコメントして永瀬を笑わせた。

◆永瀬廉、女子大生の悩みに回答

そして、男性から異性として見られないという女子大生から、どんな行動を起こしたら女性として見られるにはどうしたらいいのか質問された永瀬。「気になっている人と2人で会う時に、じっと見つめてあげてください。見つめてあげることによって、たとえ向こうがそういう風に思っていなくても、『俺のことよく思ってくれているのかな』って男性は感じるので、意識せざるを得ない状況になるのかなあと思います」とアドバイスを送った。

「人として尊敬できる部分を作る。例えば料理がすごく上手とか、そういうものを自分の武器として持っていると、プラスで効果が働くのではないのかなと思います」とにっこり。「これからも僕のことと、その人のことを見つめてあげてくださいね」と自分のアピールも忘れなかった。

◆永瀬廉&池田エライザ、意見合わず…

そんな永瀬のアドバイスを聞いた池田は「自分の魅力を男性に合わせる必要はないと思います」とバッサリ。「ちょっと遠回りかもしれないけど、男の人に『こう思ってほしい』とか、『こういうのがいいかも』って近道に見える方法は、いつか自分の魅力に自信がなくなってしまうことに繋がったりするから、自分のために自己満足でいいから『ちょっと可愛くなろう』とか、そういうことを続ける方が、異性に『素敵だな』と思ってもらえるのかなと思いました。だから料理上手にならなくてもいいと思います。私、料理できませんから」と女性目線でアドバイスした。

これに永瀬は「ちょっと共演者内でバチバチしてますね。いやいや、料理はたとえですからね。自分の武器になるって意味で…。仲悪っ、俺とエライザさん(笑)」と苦笑しつつ「自分に合ったもので無理しない程度で頑張って見てください」と語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top