加藤浩次、年末に手術していた 声の不調の理由説明 | NewsCafe

加藤浩次、年末に手術していた 声の不調の理由説明

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
加藤浩次(C)モデルプレス
【モデルプレス=2022/01/09】お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、8日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!~土曜日です~」(MBSラジオ、24時~)に出演。年末に手術していたことを明かした。

【写真】松本人志、加藤浩次との対立関係を否定 電話での会話明かす

◆加藤浩次、年末に手術していた

新年最初の放送となったこの日、年末年始についてトークするなか「手術してたのよ、実は」と鼻の手術をしたことを告白した加藤。以前から鼻茸(ポリープ)があり薬で散らしていたというが、医師から「休みがあるなら切っちゃいます?」と提案され、左右のポリープ切除手術を決意。

MCを務める日本テレビ系情報番組「スッキリ」の放送を12月27日に終え、その直後に病院に出向き手術をしたようで、術後は「甘く見てたよ、俺ほんとうに。痛くてよ…。一泊して帰れるっていう手術だったから、帰ってもそこから酒は飲んじゃダメ。キツイよ。毎日8回くらい鼻うがい。塩混ぜてミネラルウォーターにして鼻ジャーって。そしたら赤い血みたいなのが出てきて…」と明かし、「この年末年始ずーっと鼻うがいしてた」「酒も飲まず。酒飲まないで食うおせちってクソまずいな!(笑)…クソまずくはないんだけど、大したことはないな。酒ありきだな、あれな。寂しい正月でしたよ」と壮絶な年末年始だったことを振り返った。

さらに「大変だったわ。術後すっげぇ痛くてさ。『痛み止めくれ』って看護師さんに言ったら、くれて、飲んで、でも全然良くならないから『もう1個くれ』って言ったら、6時間空けなきゃダメだって。『全然痛み治まらないんですけど』って言ったら、『そうですか』って看護師さんが背中さすってくれた(笑)」と看護師の優しさにふれたエピソードも。

そのため鼻声なことにもふれ、「スッキリとか見てる人も『声変だな、加藤』って。実は手術をしたということなんですよね」と明かした。(modelpress編集部)

情報:MBSラジオ

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top