堀未央奈、乃木坂46卒業後に見せる女優・YouTuberとしての存在感 | NewsCafe

堀未央奈、乃木坂46卒業後に見せる女優・YouTuberとしての存在感

芸能 E-TALENTBANK
堀未央奈、乃木坂46卒業後に見せる女優・YouTuberとしての存在感

2021年3月に乃木坂46を卒業し、現在は女優を中心にモデルやタレント、YouTuberとしても活動している堀未央奈。2期生として加入してから、長きに渡り中心メンバーとして活躍してきた掘が歩んできた道のりを振り返ってみたい。

【関連】堀未央奈、インスタのマイルールを告白し「言っちゃっていいの?」の声

乃木坂46加入直後の7thシングル『バレッタ』にて初選抜されてセンターを務め、アイドル人生の華々しいスタートを切ったといえる堀。しかし、一方で、AbemaTV『乃木坂世界旅 今野さんほっといてよ!』において語られた「16(歳)で入ってセンターになった時から、4~5年間はもうホントに…辞めたいって気持ちの方が多かった」という印象的な言葉からは、彼女が常に重圧と戦っていたことがうかがえる。

そんな掘が卒業を発表したのは2020年11月に乃木坂46の公式YouTubeチャンネルにて公開されたソロ曲『冷たい水の中』のMVだった。このタイミングでの卒業について、掘は、グループの冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で「お芝居にも興味があるので、25歳までには辞めようかなっていうのはずっと思ってて」と理由を明かしていた。

かつて「お芝居に興味がある」と語っていた掘が、女優として注目を浴びるきっかけになったのは、まだ乃木坂46メンバーとして活動していた2019年6月公開の映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』だ。掘が演じたのは、遠慮がちな優しい性格で、初めての恋愛をきっかけに悩み、苦しみながらも自分自身を見つけていく高校2年生の女の子・成田初。映画初出演ながら、同作での繊細な演技は高く評価され、『第22回上海国際映画祭』アジア新人部門・優秀女優賞を受賞した。

さらに乃木坂46卒業後に出演した、不倫がテーマのドラマ『サレタガワのブルー』(MBS/TBS系)では、不倫“シタガワ”の立場である田川藍子を熱演。初の悪女役に挑戦した掘の声の変化にスタッフも驚かされたそうで、堀はテレビ番組で、「私のもともとの声が結構低めなので、藍子の声とのギャップがすごくて。結構、現場のスタッフさんがザワザワしてました」と撮影の裏側を振り返っていた。

また、2021年7月には、自身のYouTubeチャンネル「miona hori」を開設した掘。乃木坂46時代に自信を持つためにメイクやファッションの勉強を始めたという掘は、“自分が良いと思ったものを共有したい”との思いからチャンネル開設に至ったと明かしていた。その言葉通り、チャンネルではメイクやコスメ、コーディネートの紹介など、さまざまな動画が投稿されている。すっぴんからアイドルメイクが完成するまでの工程を収めた動画は2021年12月現在で54万回以上も再生されており、元人気アイドルのメイクがいかに注目されているのかがうかがえる。

乃木坂46卒業から、女優・モデル・YouTuberと活動の幅を広げている掘。12月18日にはセルフプロデュースに挑戦した「堀未央奈 2022 年カレンダー」の発売も予定されている。Instagramでは「自信作でしかない…!! いろんなヘアメイクや衣装が月毎に楽しめます」とコメントしており、掘のこだわりが詰まったカレンダーであるといえる。今後は女優業だけではなく、メイクやファッション分野での活躍も期待できそうだ。


《E-TALENTBANK》

特集

page top