「もっとたくさん話したいな…」男性が自然と好意を抱く“モテLINE術” | NewsCafe

「もっとたくさん話したいな…」男性が自然と好意を抱く“モテLINE術”

恋愛 恋愛jp
「もっとたくさん話したいな…」男性が自然と好意を抱く“モテLINE術”
意中の彼となかなか会う機会がないなら、LINEで距離を縮めるのも手です。
今回は、男性が自然と好意を抱く“モテLINE術”をご紹介します。

LINEで仲を深めたあとは、デートのお誘いが待っているかもしれません

(1)読みやすい文量


モテるLINEを送る女性は、読みやすさを心がけています。
長すぎず読みやすい文章を送ることで、相手もメッセージを返しやすくなるでしょう。

反対に、3行以上の長文は、読むのに時間がかかるうえに返信に気を遣うもの。
相手の負担にならないよう、適度な文量を心がけましょう。

(2)相手の名前を入れる


好印象を与えるなら、LINEで頻繁に相手の名前を呼んでみましょう。
「ねえ」ではなく、相手の名前で呼び掛けたり、「〇〇くんはどう思う?」と相手の名前を省略せずに入れるのです。

実際に、相手の名前を呼ぶと距離が縮まるという恋愛テクニックもあります。
テクニックをLINEにも取り入れて、さりげなく好感を抱かせましょう。

(3)相手の行動を褒める


人は褒められると嬉しさを感じるため、積極的に褒めることで相手は好意をもってくれるはず。
LINEで褒める際のコツは、相手から得た情報に注目することです。

「残業続きで疲れた」という一言があれば、「彼が毎日残業していること」に注目してみましょう。
「毎日遅くまでがんばっていて尊敬するよ」と褒め言葉をかけることで、2人の距離が縮まり、会話の引き出しも増えるはずですよ。

(4)ささいなことでもお礼を言う


感謝の言葉も、相手を喜ばせ、温かい気持ちにさせます。
そのため、ささいなことであっても、お礼を積極的に伝えましょう。

「遅くまでLINEに付き合ってくれてありがとう」や「忙しいのに時間を作ってくれてありがとう」など、LINEのやりとりをしていることに対してもお礼を伝えると効果的です。

「こんなささいなことにお礼を言うなんて、なんて礼儀正しくて健気な子なんだろう」と好印象を抱いてくれるかもしれませんよ。


面と向かってアプローチする機会がない場合、LINEは重要なコミュニケーションツールとなります。

LINEを駆使して相手との距離を縮めたら、彼と接する機会も自然と増えるはず。
まずは勇気を出して、メッセージを送ることから始めてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)


【保存版】「もういい」は良くないよ!LINEで「イライラすることあるある」まとめ
【保存版】こんな時どうする?今日から使える「LINEの小技」まとめ
【保存版】既読無視してもいい?男性がうんざりしてしまう「女性からのLINE」
《恋愛.jp》

特集

page top