野村周平“女性蔑視”のクズ発言! 期待を裏切らない炎上芸に「笑えない」 | NewsCafe

野村周平“女性蔑視”のクズ発言! 期待を裏切らない炎上芸に「笑えない」

芸能 まいじつ/entertainment
野村周平“女性蔑視”のクズ発言! 期待を裏切らない炎上芸に「笑えない」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock


11月28日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、俳優の野村周平が出演。ナルシストな一面を披露し、視聴者を置き去りにする一幕があった。


【関連】ナダルが女性蔑視発言!『水ダウ』ドッキリで本性が露わに「サイテー」 ほか

今回の放送は、野村の他、『GENERATIONS from EXILE TRIBE』の白濱亜嵐と関口メンディーが出演。同世代の俳優仲間として、自分たちの経験や現在の人生観などを語っていった。


番組冒頭では、メンディーが野村に対して〝荒くれ者〟のイメージを持っていたと告白。しかし話してみると自然体で、普通のイメージに変化したと語っており、野村は「ただ普通に女優と2ショット上げてたりするだけなんだけどね」と笑いを誘うシーンも。


その後、メンディーから「ハーフで、周りの子と自分ちょっと違うかもと思った瞬間とかってある?」と質問されると、野村は「いや逆に中国の血が入っていることをすごい誇りに思う」と回答。更に「お前、中国なくなったらメイドインチャイナのもの全部なくなるからな?」との発言も繰り出した。


オレ様発言連発にファンもドン引き…


17歳の頃からお互いを知っているという野村と白濱のトークでは、学生時代に白濱がモテまくっていたという話題が。野村は「昔からめちゃくちゃモテてたからね」と前置きしつつ、今は自分の方がモテるとコメントしている。続けて、「やっと俺の良さを女どもが分かってきた」と豪語し、視聴者を愕然とさせた。


野村の発言の数々に、ネット上には、


《女どもって…》

《オラオラしてて草。弱い犬ほどキャンキャン吠えるもんなあ》

《田中圭の問題行動は笑えるけど、野村周平の問題行動は笑えないのよ》

《やらかしそうな匂いがプンプンするね》

《俺の良さ? この人そんなに良い男じゃないだろ!》

《この人が何かやらかしたら、ネットは「いつかやると思ってた」で埋め尽くされるだろう》


といった非難が殺到している。


「野村には、ファンに撮られた歩きタバコ動画や、ツイッターなどの度重なる炎上によって、SNS使用を自粛しているといった悪い噂が付きまとっています。番組でも、若い世代の共演者から『すぐ殴りかかるイメージ』などと言われたと明かしており、芸能界でも恐れられていることを匂わせていました。野村自身は否定していましたが…。業界人からも良いイメージを持たれていないのかもしれません」(芸能誌ライター)


今年7月に放送された『私たち結婚しました』(ABEMA)では、好感度が若干戻ったかのように思えた野村。しかし、何度も炎上を繰り返す性根は、今も変わっていないのかもしれない…。





《まいじつ》

特集

page top