KinKi Kids、相葉雅紀に盛大な無茶振りも 名曲で「FNS歌謡祭」大トリ | NewsCafe

KinKi Kids、相葉雅紀に盛大な無茶振りも 名曲で「FNS歌謡祭」大トリ

芸能 モデルプレス/ent/music
「2021FNS歌謡祭」第1夜 (C)フジテレビ
【モデルプレス=2021/12/01】KinKi Kidsが、1日に生放送されたフジテレビ系音楽の祭典『2021FNS歌謡祭』(18時30分~)第1夜に出演した。

【関連記事】KinKi Kids、中居正広へ「SMAPでよかったでしょ?」中居の回答が話題

番組の大トリで登場した2人。来年25周年を迎えることについて、堂本剛は「今は亡きジャニーさんに頂いたKinKi Kidsという名前。みなさんに『愛してるよ』を伝えられる年になれば」と言い、堂本光一は「1月1日に急遽ライブが決まった。まだノープランです」と告白し驚かせた。

そして2人は、25周年スペシャルメドレーとして、デビュー曲「硝子の少年」と「愛のかたまり」を披露。ネット上では「改めて名曲」「これを聞くために最後まで見たかいがあった」「久々に聴いたけどほんとにいい曲」「大トリにふさわしい!」など多くの声が寄せられた。

この日、後輩のなにわ男子や、Sexy Zoneの菊池風磨などをいじり続けていた剛。番組最後には、MCをつとめた嵐の相葉雅紀に、「相葉ちゃんもなんかあるんだよね?」と無茶振り。相葉は突然の振りに驚きつつも、なにわ男子の大橋和也の“プリン食べすぎてお尻プリンプリン!”という挨拶にちなみ、「どうもー!司会でずっと立ち続けてお尻プリンプリンです!」ととっさの対応。「ちょっと心折れました…」と嘆いていた。

◆「2021FNS歌謡祭」

毎年日本を代表する豪華アーティストたちが一堂に集結し、この番組でしか見ることのできない夢のコラボレーションや、時代を彩った名曲から最新のヒット曲まで、みどころ満載の音楽の祭典『FNS歌謡祭』。今年は12月1日と8日の2週連続、2夜合計で9時間30分超の豪華ステージを生放送で届ける。

司会を務めるのは、相葉と永島優美フジテレビアナウンサー。『2019FNS歌謡祭』から司会を務め、今年で3年目となる2人が“番組の顔”として生放送をもり立てる。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ


【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top