ドラマの犯人がよくするよね~【惚ける】この漢字読める? | NewsCafe

ドラマの犯人がよくするよね~【惚ける】この漢字読める?

恋愛 恋愛jp
ドラマの犯人がよくするよね~【惚ける】この漢字読める?
うっとりする様子をあらわす「惚」ですが、じつは違う意味でも使われます。
これをされると、小バカにされた気分になることもあるでしょう。

「惚ける」とは何と読むのか、さっそく見ていきますね!

(1)「惚ける」は「のろける」ではない



見たまま読むと「のろける」と読んでしまう「惚ける」ですが、それは違います。
なぜなら「のろける」は、「惚気ける」と書くので別物だからです。

ヒントは、見抜かれないようにわざとする、あの行動のこと。
なんとなくわかりましたか?

そう、正解は「とぼける」です。
「のろける」ならいいものの、とぼけられてはどうにもなりません……。

同じ字であっても、これほど違うとなんだか不思議ですよね。
ちなみに、「とぼける」は「恍ける」とも書きます。
(『広辞苑』より)

(2)「惚ける」の意味



「惚ける」には、さまざまな意味があります。
広く知れ渡っている意味は、「わざと知らぬさまをする。しらばくれる」「わざと滑稽な言動をする」ということでしょう。

都合が悪くなると、よくこのような行動をとる人も多いですよね。
わざと知らないふりをする意味以外にも、「老いて頭の働きが鈍くなる。ぼける」「ぼんやりする」といった、老化によって起こることも含まれています。

「惚ける」はあまりいい状況ではないことが多いので、老化に対しては「ボケ」で表現されます。
(『広辞苑』より)

(3)「とぼける(惚ける」の由来



「とぼける(惚ける)」とは、どのような由来があるのでしょうか。
「とぼける」とは、バカなどの意味をあらわす「ぼけ」に接頭語「と」がついたことで生まれた言葉になります。

しかし、もうひとつ由来があるようで、頭が鈍くなることを「ボケる」からきた説です
老化によって起こる「ボケる」もありますが、漫才のようにわざと「ボケる」こともあるので、「ぼける」に接頭語「と」がつき「とぼける」となりました。

明確ではないものの、様子からつけた言葉ということには変わりないでしょう。
(『広辞苑』より)


しらばくれたり、わざと知らないふりをする「惚ける」。
漢字自体はよく見るものの、まさか「とぼける」と読むとは思わなかったでしょう。

この漢字が読めるか、友人などに出題してみるのもいいですね!

(恋愛jp編集部)


記号みたいに見えるけど…【艾艾】この漢字あなたはすぐに読めますか?
「首」が2つもあるこの熟語…【馘首】意味もちょっと怖いかも…?!
この魚な〜んだ?【公魚】絶対知っているのに読めない漢字クイズ!
《恋愛.jp》

特集

page top