上野樹里が断るのも当たり前?『SUPER RICH』大迷走「イライラする」 | NewsCafe

上野樹里が断るのも当たり前?『SUPER RICH』大迷走「イライラする」

芸能 まいじつ/entertainment
上野樹里が断るのも当たり前?『SUPER RICH』大迷走「イライラする」

江口のりこ 画/彩賀ゆう (C)まいじつ


11月25日、江口のりこ主演のドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系)の第7話が放送された。〝クソドラマ化〟する一方の同作に、「女優に断られてきた理由が分かった」といった声が寄せられている。


【関連】西島秀俊の仮面ライダーに疑問「何でおっさんやねん」「若手俳優使えよ」 ほか

主人公は、プライベートを顧みず、仕事一筋で生きてきたベンチャー企業『スリースターブックス』の社長・氷河衛(江口)。裕福な家に生まれ、人生で一度もお金に困ったことはない。「お金があれば何事も解決できる」と考え、利益をより多く出すため、せわしなく働く日々を送っている。そうした中、インターン試験を受ける貧乏学生・春野優(赤楚衛二)と出会うのだった。


第7話では、衛と春野が付き合い始める。さらに春野はプロポーズもして、2人は婚約も果たした。そんな中、なんと会社に裏切者がいたと発覚。会社に恨みを持つ者がしれっと入社し、復讐のタイミングを探っていたのだ。


その復讐とは、クライアントイチオシの漫画案からパクリ漫画を描き起こし、ネットに流出させること。これによって、その漫画はボツにせざるを得なくなり、案の定クライアントは怒り心頭、賠償問題となった。しかしパクられた側の漫画家は、パクリ漫画を見て絶賛。パクリを描いた漫画家をアシスタントとしてスカウトしたうえ、『スリースターブックス』の専属で漫画を描くとまで言い出したのだった…。


脚本を読んだ女優たちが逃げ出した?


めちゃくちゃご都合主義で、主人公サイドが得しまくった今回のストーリーには、視聴者から呆れ声が殺到。ネット上では


《びっっっっくりした ご都合主義で》

《こんな奇跡的な展開あるか?》

《簡単に億単位の金が解決するドラマ》

《いやその展開は流石にないだろ。盗作された側の出版社は気の毒過ぎるわ》

《いくらドラマでもあり得なさすぎる事ばっかりでイライラしてきたw》

《相変わらず今回もムチャクチャな話だったなw》


といった批判的な声が寄せられている。また


《とにかく気持ち悪い。このドラマ断られ続けた理由これだったりして》

《今になって何人かの女優さんが主演断ったって理由が分かった気がする》


という声もあがっていた。


「実はこの作品、主演を決めるのに大難航。ウワサでは、安藤サクラ、木村文乃、上野樹里らに断られて、ようやく江口が承諾したと言われています。しかしこの展開を見ると、確かに断られて当然かもしれませんね」(芸能記者)


序盤は好評だった同作。一体何があったのだろうか。





《まいじつ》

特集

page top