内山理名、結婚後初の公の場 内藤剛志から祝福「吉田栄作が憎たらしい」 | NewsCafe

内山理名、結婚後初の公の場 内藤剛志から祝福「吉田栄作が憎たらしい」

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
「ホテルマン東堂克生の事件ファイル ~八ヶ岳リゾート殺人事件~」取材会に出席した内山理名 (C)モデルプレス
【モデルプレス=2021/11/25】女優の内山理名が25日、都内で開催された「ホテルマン東堂克生の事件ファイル ~八ヶ岳リゾート殺人事件~」取材会に出席。21日に俳優の吉田栄作との結婚を発表して以来、初の公の場となった。

【写真】吉田栄作&内山理名、結婚を発表 密着2ショット公開

◆内山理名、内藤剛志から結婚祝福「吉田栄作が憎たらしい」

本作は、石ノ森章太郎原作の名作コミック「HOTEL」のスピンオフドラマ。主人公の東堂克生ゼネラルマネージャー(内藤剛志)が総支配人を務める八ヶ岳のリゾートホテルで発生した殺人事件を描く。内山は藤堂と別れた妻の間に生まれた娘で事件捜査のためにやってきた刑事・高梨薫を演じる。

内藤から結婚を祝福する花束を受け取ると「ありがとうございます」と笑顔。劇中と同じように、もし内藤と親子関係だったとしたら、どんな親子関係になるかと聞かれた内山は「バーのシーンがあるんですけれども、私はそのシーンがすごく好きで。そこの距離感の中で、刑事とホテルマンとしてじゃない、唯一親子になれるシーンがあるんです」と見どころを紹介。

そして「『内藤さんが父親だったらな』って、どこかで感じながら演じてはいたんですけども(笑)、なんでも話しちゃいそうです。相談事とか。なんでも話したくなりますし、人生相談とかしたいですね」とも。一方、実の娘が内山と年齢が近く、吉田と友人だという内藤は「吉田栄作が憎たらしい」とジョークを飛ばして会場を沸かせた。

◆内山理名、新年の抱負は?

新年の抱負に話が及ぶと、内山は「笑顔の多い1年にしたいなって思います。これもコロナ前だったら『普通じゃん』とかって思われるかもしれないんですけども、特にマスク生活が多かったからか、笑いが、もしかしたら目だけで笑っていることが多かったのかな」と発言。「来年は、マスクの下でも笑っていきたいなというか。笑顔に助けられるって、すごくありますし、相手の表情が見えないからこそ、気持ちだけでも穏やかで、笑顔でいたいなと思います」と続けていた。

その後、結婚の先輩である内藤は、内山へのアドバイスを求められると「嬉しいこととかは、2倍以上になる」としたうえで、辛いことは減ると考えを明かした。これを受けた内山は「来年の抱負は決まりました。それを体験していくっていうことですね。私は40年間、それを体験せずに生きてきたので、体験して、それも役に活かせていけたらいいなと思います」と白い歯を見せていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top