チョコプラ、ヒットネタを作るコツは「ないです!」“地道な努力”明かす「数出して何か当たれば…」 | NewsCafe

チョコプラ、ヒットネタを作るコツは「ないです!」“地道な努力”明かす「数出して何か当たれば…」

芸能 E-TALENTBANK
チョコプラ、ヒットネタを作るコツは「ないです!」“地道な努力”明かす「数出して何か当たれば…」

11月12日に放送されたテレビ朝日系『グッド!モーニング』に、チョコレートプラネット(長田庄平・松尾駿)がVTR出演した。

【関連】チョコプラ長田、集客に苦労したシソンヌとのユニット結成当時を回想「あんま仕事なくて…」

番組では、警備ロボットのお披露目イベントに登場したチョコレートプラネットにインタビューを実施。この中で、2人は今まで“TT兄弟”や、“Mr.パーカーJr.”など、さまざまな人気キャラクターを産みだしてきたが、“いつどんな時にキャラクターが生まれるのか?”といった質問が投げかけられた。

これを受けて、長田は「もういつどこで生まれるか全く分からないです」「TT兄弟も10分くらいで考えたネタなんで」とコメントすると、松尾は「10分って今言ってましたけど、僕考えてるとき隣にいたんすけど、体感2分でした」と笑い交じりに明かした。

続けて、長田は「ティー!ティティー!っていうリズムが降りてきて、TT兄弟っていうのがスッと出てきた」と説明。これにインタビュアーが「アーティストみたいな、音が降ってくるみたいな感じ?」と驚きを見せると、松尾は「タイプ的にはジョン・レノンとかと同じタイプ」と話し、再び周囲の笑いを誘った。

さらに、“バズるネタを作るコツ”について問われると、長田は「ないです!数出すしかないです」「数出して何か当たればいいってやつです」と話しつつ、体感では8億ほどのネタを作ってるとも冗談交じりに語っていた。


《E-TALENTBANK》

特集

page top