シラスとトーストで簡単!5分でできる「シラスのブルスケッタ」【シェフのテク】 | NewsCafe

シラスとトーストで簡単!5分でできる「シラスのブルスケッタ」【シェフのテク】

グルメ OTONA_SALONE/FOOD
シラスとトーストで簡単!5分でできる「シラスのブルスケッタ」【シェフのテク】

皆さん、こんにちは。vivoの花本朗です。  さて今日はバルの定番おつまみ〈ブルスケッタ〉の紹介です。ブルスケッタといえば〈トマトのブルスケッタ〉が有名ですが、この料理、難しく考える必要は全くないんです。   トーストしたバゲットに自分の好きな具材をそのままのっけるだけ、これで立派なブルスケッタの完成です。

見た目もお洒落ですし、具材によって様々なアレンジができるのもこのブルスケッタの魅力の1つですね。

具材によって様々なアレンジが楽しめる!

○定番の〈トマトのブルスケッタ〉 バジルやチーズを合わせても。

○一方こちらは変わり種〈キムチのブルスケッタ〉    でも美味しそう!

和の日常素材を合わせてつくる最高のバルつまみ

今回、私はこのブルスケッタに和の食材の〈しらす〉と〈大葉〉を合わせてみました。しらすの塩味と大葉の香味がカリカリに焼いたフランスパンとオリーブオイルに本当によく合います。 白ワインとの相性も抜群ですよ!

作り方も超簡単で、時間も5分とかかりません。小腹の空いた男性の胃袋を満たすには最高のバルつまみ。 では今回も一緒に作っていきましょう!

【材料】

釜揚げしらす           50g

大葉                            3〜4枚

マヨネーズ                 大さじ2

オリーブオイル         大さじ1

バゲット                     1/4本

(お好みでレモンを)

【作り方】

先ずは厚切りにしたバゲットにオリーブオイルをかけ、オーブントースターで表面がカリッとするまで、しっかりと焼いていきます。

バゲットを焼いてる間にしらすと細かく切った大葉、マヨネーズを合わせましょう。

さてバゲットがこんがりと焼けました。パンが薄いと具との味わいのバランスが悪くなるので、このくらい厚切りにしてしっかり焼いてあげるといいですね。

後はこの上にたっぷりとシラスをのっければ完成です。

簡単! 美味しい!!

冷たくしてもいいですが、ぜひ出来立てをご賞味ください。

熱々ブルスケッタにレモンをキュッと絞って食べるのが私流。

その味わいは最高ですよ。

皆さん、ではまた。


《OTONA SALONE》

特集

page top