麒麟・川島“マジ喧嘩”した芸人とは? 過去の確執告白「ずっと怖かった」 | NewsCafe

麒麟・川島“マジ喧嘩”した芸人とは? 過去の確執告白「ずっと怖かった」

芸能 まいじつ/entertainment
麒麟・川島“マジ喧嘩”した芸人とは? 過去の確執告白「ずっと怖かった」

大悟 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 


10月17日に放送された『ブレインスリープ presents 川島明のねごと』(TBSラジオ)で、メインパーソナリティーを務める『麒麟』の川島明が、『千鳥』大悟との因縁を告白した。


【関連】山里亮太“CM激減”も同情ナシ「結婚バブル終了」「元に戻っただけ」 ほか

この日はゲストに昨年の『M-1グランプリ』ファイナリスト『東京ホテイソン』を招き、川島とさまざまな話題でトーク。話は「麒麟」が常連だった時代の「M-1」に及び、「麒麟」「千鳥」『笑い飯』の常連3組について話が及んだ。


「東京ホテイソン」のショーゴは、「羨ましいんですよ。今の芸人にはない、あのバチバチ感が」と3組がライバル関係だった当時のエピソードに興味津々の様子。これに川島は、「マジでずっと2年間睨まれてて」と、大悟から目をつけられていたことを明かす。


この理由として、川島は「そもそも『笑い飯』と『千鳥』がインディーズからずっと一緒」「最初に俺らがスターみたいな感じで売れたの」などと、3組の関係性や「麒麟」が先に売れたことを告白。さらに、「この3組は仲良かったんですか?」との質問に、「『笑い飯』と『千鳥』は仲良かった。僕らは全然違う、本部から来た感じ」と微妙な距離感だったと明かす。


先輩の前で“マジ言い合い”の一触即発に…


どうやら「千鳥」としては、先に売れたことが妬ましかったようだ。川島は大悟から「スターが来ましたな」と煽られ、「何やコイツ。テレビ出てへんのにえらい喋りますね」と応戦した過去を暴露。「共通の先輩を介して外で会って、マジで言い合いになって…」と一触即発になったことを振り返った。


「この3組は2000年代前半、実力派として大阪の漫才を支えた苦労人。劇場や学園祭で一緒の仕事をすることも多く、頭文字を取って『ワラキチ(笑麒千)』と呼ばれ、ひとくくりにされました。しかし、当時の弱肉強食なお笑い界では『仲良く』といかなかったようで、川島は昨年の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)で『出会い方がホンマに最悪』『俺のことをすごく目の敵にしてる状態やったんすよ』と『千鳥』との不和を回顧。今では仲良くなったとのことですが、『大悟とはここ5~6年じゃないかな』『怖かったのよ、ずっと』と最近まで確執があったことを語っています」(お笑い評論家)


どうやら、反社のような見た目の大悟としては、『よしもと男前ランキング』に入るなど、アイドル的存在だった川島は嫉妬の対象だったようだ。




《まいじつ》

特集

page top