アニメ『名探偵コナン』1023話コナンの“ネットで見た”発言にツッコミ「本当か?」 | NewsCafe

アニメ『名探偵コナン』1023話コナンの“ネットで見た”発言にツッコミ「本当か?」

芸能 まいじつ/entertainment
アニメ『名探偵コナン』1023話コナンの“ネットで見た”発言にツッコミ「本当か?」


『名探偵コナン』99巻(青山剛昌/小学館)



アニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)第1023話『汽笛の聞こえる古書店3』が、10月16日に放送された。作中ではコナンが時代の流れを感じさせる発言を繰り出し、視聴者たちを騒然とさせているようだ。


【関連】『名探偵コナン』1079話“ポケベル”の話題に読者が大混乱「使ってなかった?」ほか

※アニメ『名探偵コナン』最新話の内容に触れています


ある日、「玉木ブックカフェ」で働く吉川美知子と共に、小説家・大村光輔の主宰する小説教室へやってきたコナンたち。そこで小説教室の家主や家政婦も現れ、高価な書籍を読んで小説のいろはを学んでいく。一通り読み終えたところで食事をとることになり、サンドイッチを食す一行。すると食事中に吉川が倒れ、「毒を盛られた」という疑惑が浮上する…。



今回の事件は、「吉川がどのタイミングで毒を摂取したのか」が焦点に。まず鑑識では、食事に毒が混入していなかったことが判明。そこでコナンは、吉川が緑色の書籍で指をケガし、傷口を舐めていたことを思い出す。そして、書籍に有毒性のある人口顔料「パリスグリーン」が使用されていると推理。実際に裏付けがとれると、「やっぱり…。前にネットニュースで見た気がしたんだ」と情報源について明かすのだった。


コナンがすっかり“現代っ子”に!?


今回の事件は「パリスグリーン」の有毒性が引き起こした事故と断定されたが、視聴者たちは真犯人よりもコナンの発言が気になってしまったようだ。


今までコナンはマニアックな知識を披露する際、新聞やテレビで情報を得たと誤魔化していた。ところが今回は、情報源が「ネットニュース」にまで進化。現代人としてネットを使いこなすコナンの様子に、ネット上では《コナンもネットニュースでネタを仕入れる時代…》《「テレビで見た」じゃなくて「ネットニュースで見た」って言ってて時の流れ感じた》《ネットニュースなら情報過多だから自然なのかな?》《「前にネットニュースで見た気がしたんだ」って本当か?》《コナンくんはどこのネットニュース見てるの? 気になる》《パリスグリーンの情報とか、どこのネットニュースだよwww》と驚きの声が続出している。


ちなみに「汽笛の聞こえる古書店」シリーズは、2017年からアニメオリジナルで放送されているストーリー。2019年の『汽笛の聞こえる古書店2』に続き、今回が3回目の登場となる。初回が2017年なのでネットニュースという単語を使っても違和感はないが、作品全体を通して見ると明らかに時代にそぐわない発言と言えるだろう。


とはいえコナンは連載当初にポケベルを使っていたにもかかわらず、現在は平然とスマホを使用している。今さら多少時空がねじれたところで、驚くようなことではないのかもしれない。


文=大獄貴司

写真=まいじつエンタ


《まいじつ》

特集

page top