「ギリギリ結べるボブ」が大人気!おばさん一つ結びに見えないアレンジの方法は? | NewsCafe

「ギリギリ結べるボブ」が大人気!おばさん一つ結びに見えないアレンジの方法は?

女性 OTONA_SALONE/BEAUTY
「ギリギリ結べるボブ」が大人気!おばさん一つ結びに見えないアレンジの方法は?

ギリギリ結べる長さ」のボブはとっても便利!

今回は、ちょっとした一手間で垢抜けることのできるボブスタイルの簡単なアレンジを3つお送りします。

アレンジ1■おくれ毛が自然に出る肩上ボブ

「結べるボブ」はストレートよりも毛先にカールをつけるのがポイント。ストレートのままだと結んだときに毛束がかたまりのようになり、毛先もピンピンとして野暮ったく見えます。パーマかアイロン巻きでニュアンスをつけましょう。巻く手間を省くためにはパーマをかけたほうがラクですね。

前髪なしのスタイルですが、顔型や好みで前髪をつくっても。

スタイルのポイントは丸みシルエットになるようにカットすることと、重心が下がらないように高めの位置にレイヤーを入れること。下のほうに重さがくると顔まで下がって見えるので老け顔に。40代としては避けたいですよね。

全体にパーマをかけたほうがふんわりするのでは?と思いがちですが、髪表面のパサつきが目立ってしまうのでレイヤーと毛先のパーマでボリュームを演出したほうが40代にはおすすめです。

レイヤーが入っていることで、髪をまとめたときに自然と落ちる髪ができ、おくれ毛のバランスに悩む必要もありません。バーム系ワックスを全体にもみ込んだら、手ぐしでまとめて結ぶだけ。サイドの髪は耳にかぶせてたるませるとおしゃれに見えます。

低い位置に結ぶのが大人ポイント。もみあげの上にひと束おくれ毛を残すと「やり過ぎ感」がなくナチュラル。自然に落ちる毛束もそのままいかして。

この秋スタイルチェンジを考えているなら、結べるボブも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

アレンジ2■毛先カールでふんわりボリュームアップ

最後は、ダウンスタイルのボブにニュアンスをつけるアレンジ。100均で買えるアイテムを使用していますので、ちょっと試してみようかなと気軽な気持ちでトライしてみてください。

ナチュラルな内巻きカールが素敵なロブ。 櫻井小百合さん/ZACC raffine

使うのはコレ!

筒状のカーラーではなく、スティック状のカーラーです。スリット部分に髪をはさみ、クルクルと巻くもの。ボブなら毛先のカールづけに便利です。

使い方は…

1.髪が少し湿った状態で毛先をはさみます。はさむ前に毛束の面を整えておくことがポイント。

毛先が内に入るようにくるくると巻きつけます。

2.毛束の中間まで巻いたらカーラーの先端を反対側の穴に入れて留めます。

両サイドと、後ろを半分に分けて巻く。

3.髪が乾いたらカーラーを外します。寝る前に巻いて、そのまま寝てもOK。

朝、急いでいるときはドライヤーを使って。温風から冷風に切り替えるとしっかりとクセづけができます。

毛先がくるんと内巻きになりました。

このままではふんわり感がないので、NG。

4.毛束を持ちあげ、パラパラと落としながらカールを崩します。

カールのかたまりをほぐすことで、ボリュームもアップ。ツヤが欲しい人はオイルワックスをつけて仕上げて。

アレンジ3■ふんわりトップの清楚系ハーフアップ

一番汎用性の高いハーフアップ。表面の髪をまとめるだけなので、毛量も長さもさほど必要なく、簡単に作れます。ジャマな前髪もスッキリさせられ、トップにボリュームも与えれば若々しい印象もプラス。1分もあれば簡単に作れるので、不器用さんでも安心です。

1 トップの毛束を1つにまとめ、ねじってピンで固定

はちから上の毛束を真後ろで1つにまとめ、根元を軽くねじります。ねじった毛束を上に軽く押し上げてから、ねじった部分をピンで固定。毛束を押し上げることで、トップにふんわり感が生まれます。ピン先をねじった毛束の間に入れて、下から上に向かってさします。表面にピンを見せることなく、しっかり固定するベストな方法です。

2 まとめた毛束の左右を指で広げる

まとめた毛束のピン上の左右の毛束を、指でゆっくり広げます。この部分を広げることで、下の髪と段差が少なくなり、美しいシルエットになります。広げるときは、少し下に引っ張る感じがベスト。最後にサイドの毛束を耳にかけます。

完成したアレンジがこちら

スッキリした顔まわりと、ふんわりトップで上品な横顔を獲得。耳にかけることで、ハーフアップ部分との調和を図ります。奥行きのあるデザインなので、伸ばしかけのボブにも有効的。ハーフアップはリフトアップ効果もあるため、写真撮影など、ここぞという日のアレンジにもうってつけ!


《OTONA SALONE》

特集

page top