Snow Man目黒蓮、大規模ドッキリでクイズ正解連発にスタジオ唖然「実は1問もわからなかった」 | NewsCafe

Snow Man目黒蓮、大規模ドッキリでクイズ正解連発にスタジオ唖然「実は1問もわからなかった」

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
ウルフ・アロン、有田哲平、上田晋也、目黒蓮(C)テレビ朝日
【モデルプレス=2021/10/16】Snow Manの目黒蓮が、10月17日からスタートするテレビ朝日系バラエティー番組『くりぃむナンタラ』(よる9:55~10:55)に出演。大規模ドッキリに挑戦する。

【関連記事】Snow Man目黒蓮、3年半ぶりテクノカットからヘアチェンジ Twitterトレンド席巻の反響

くりぃむしちゅーの純度100%バラエティー『くりぃむナンタラ』がスタート。記念すべき初回は、1時間SPで『クイズ番組で人間インストールドッキリ!!』を放送する。

誰かに遠隔操作してもらって夢を叶えるというこの企画で、今回は『くりぃむクイズ ミラクル9』(毎週水曜よる8時~)全面協力のもと、史上初の大規模ドッキリを決行。別室でモニタリングする有田哲平、高橋茂雄(サバンナ)、カズレーザー(メイプル超合金)、クイズ界のレジェンド作家・日高大介(※「高」は正式には「はしごだか」)が、高性能イヤホンを装着した仕掛け人、東京五輪柔道男子100kg級の金メダリスト、ウルフ・アロンと、人気アイドルグループ・Snow Manの目黒を遠隔操作し、『ミラクル9』の解答者を全員ひっくるめてだますという壮大なスケールのドッキリ企画に挑む。

◆ウルフ・アロンが仕掛け人に初挑戦 目黒蓮との強力タッグで圧勝を目指す

オリンピックの決勝で、延長戦の末に金メダルを勝ち取ったウルフは、「決勝戦はギリギリだったので、クイズでは圧倒的に勝ちたい!」と並々ならぬ意欲で仕掛け人に挑む。また、「先日、初めてドッキリに仕掛けられたんですが、仕掛ける側は初めてなので緊張しています」というウルフに、「ついこの間オリンピックが終わったばかりなのに、仕掛けられる方も仕掛ける方も早過ぎでしょう!ハイペースだなぁ(笑)」と、上田晋也や同じチームでタッグを組む仕掛け人・目黒は大爆笑。

そしていよいよ、有田の「今日はお二人の“クイズで正解を連発したい”という夢を叶えます!」という力強い言葉を胸に、『ミラクル9』の解答者たちが勢揃いするスタジオに向かうが…?

◆ボケを連発するウルフ・アロンに芸人たちがザワザワ

<ウルフナイン>のキャプテンとして目黒らチームのメンバーを率いることになったウルフは、開始早々有田の指示で小ボケを連発、爆笑をかっさらう。それが実は“有田の発言”とは夢にも思わない吉村崇(平成ノブシコブシ)や斎藤司(トレンディエンジェル)、アインシュタインら芸人たちは、驚きのあまりザワザワ…。「バラエティー慣れがエグいな!」とあっけに取られてしまう。

上田は「ウルフ選手は、来月あたりバラエティー番組でMCをやってるんじゃない?」とウルフの才能を絶賛。遠隔操作によって、バラエティーセンスまで開花したウルフが、『ミラクル9』をかき回す。

◆ウルフ・アロン&目黒蓮が正解を連発

『ミラクル9』の常連、クイズ女王・宮崎美子。そんなクイズ女王でも頭を抱えるほどの超難問をやすやすと解いてしまうウルフ&目黒に、「この問題がわかるのはすごい!」と拍手を送っていた宮崎だが、有田&高橋の指示でありえない発言を連発する2人に、少しずつ顔色が変わっていき…!?

モニタリング中の有田が、「宮崎さんが怒り始めた?」と笑いを堪える中、『人間インストール』はますます加速。はたして、内心ではヒヤヒヤしっぱなしだったというウルフ&目黒の運命は――?

収録後、ウルフは「ドッキリを仕掛けるのは初めての経験だったので、少し緊張しました。皆さんの目がちょっと怖かったので、最後にきちんとネタばらしできてよかったです(笑)」とニッコリ。「実は1問もわからなかったので、僕はクイズ番組に出られる人材ではありません(笑)。だから今回は、あんなに正解できて気持ちよかったです」と笑顔を見せた目黒とともに、みごとに仕掛け人役をやり遂げた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top