『オモウマい店』にクレーム殺到!“逆光”映像に「気分が悪くなった」 | NewsCafe

『オモウマい店』にクレーム殺到!“逆光”映像に「気分が悪くなった」

芸能 まいじつ/entertainment
『オモウマい店』にクレーム殺到!“逆光”映像に「気分が悪くなった」

ヒロミ (C)まいじつ 


10月12日に放送されたヒューマングルメンタリー『オモウマい店』(日本テレビ系)の世帯平均視聴率が、12.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。


【関連】『ドッキリGP』動物虐待? 猫企画に批判殺到「オモチャにしないで」 ほか

今回の放送では、神奈川県湯河原町にある中華料理店の特大焼きそばや、真鶴町のイタリア料理店で提供される20種類以上のビュッフェ料理、栃木県宇都宮市の寿司がうまい焼き鳥割烹が紹介された。



同番組では大盛り料理の他に店主の独特のキャラクターが見物になっているが、一方で、ここ最近は高視聴率にもかかわらず苦言も散見されるようになってきた。一体なぜなのか。


「相変わらず視聴率は絶好調ですが、一部の視聴者からマンネリ化を指摘する声もあがっていますね。結局、最近はヒロミや『バイきんぐ』小峠英二のコメント頼みなことも多いです。また、店の衛生面を指摘する声が相変わらず絶えません。安価に料理を提供するため、手が回らないのかもしれませんが、最低限、マスクをして手洗いを励行してほしいですね。安価でボリューミーな料理かつ、店主のキャラクターがたっている店はそう多くはありません。今後、どこまで店をリサーチできるかが番組の存続に大きく影響するでしょう」(テレビ誌ライター)


グルメ番組で気分を悪くさせる『オモウマい店』


今回の放送に視聴者からは、


《全体的に汚い。従業員の爪、髪が特に。調理中にスマホ触って汚い。安くても無理》

《素手でご飯を丼にぎゅうぎゅう押し付けたり、海鮮丼のネタを鷲づかみに盛り付けたりしてるのをみると食欲なくなる。料理には清潔感が絶対。真っ黒なまな板や、爪の間が黒いとかドアップで映るので、面白いけど食べたいとはならない》

《毎週楽しみに見ていますが、今週は逆光のくだりがあまりにも長すぎて見てて気分が悪くなってきました。早々にプロのカメラマンの画像が見たかった》

《逆光の尺が長すぎて酔いましたね。あの素人以下のADの出来を良しとする番組だったと言うことで…》

《逆光を修正もせず、面白がって平気で放送する時代なんだな…。大好きな番組なだけに、今回はとても悲しくなったし目が回って気持ち悪かった》


などとさまざまな苦言が広がっている。特に散見されるのが、真鶴町のイタリア料理店で流れた〝逆光〟映像に関する指摘だった。


賛否両論が飛び交っている『オモウマい店』だが、それだけ話題になるのも番組が人気だからこそ。今後はどんな店が紹介されるのか、ファンにとっては楽しみなことだろう。




《まいじつ》

特集

page top