佐藤栞里の“小学校時代のあだ名”に驚き「それイジメ」「かなりヤバい」 | NewsCafe

佐藤栞里の“小学校時代のあだ名”に驚き「それイジメ」「かなりヤバい」

芸能 まいじつ/entertainment
佐藤栞里の“小学校時代のあだ名”に驚き「それイジメ」「かなりヤバい」

佐藤栞里 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 


10月12日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、曜日レギュラーでモデルの佐藤栞里が登場。幼少期の〝あだ名〟を暴露し、ネット上で話題を呼んでいる。


【関連】『有吉の壁』佐藤栞里に“爆破ネタ”披露「やめてくれ」「胸が痛くなる」 ほか

同日の番組は冷凍食品ジャーナリストの山本純子氏をゲストに迎え、「冷凍食品3大トレンド」を紹介してもらうことに。冷凍食品を使った時短レシピなども紹介され、さらに冷凍食品に関する質問を出題される。そしてクイズでは「固形になった下ごしらえ済み野菜」を当てる問題が。すると佐藤は「私、これあだ名だったことあります」と切り出し、「ゴボウ」と解答する。そして「小学校の時、ゴボウでした」と告白していた。


モデル体型がゆえのヒドイあだ名!?


佐藤の「ゴボウ」というあだ名に、視聴者たちは驚愕。ネット上では、


《あだ名がゴボウは、それもうイジメられてたんだろ…》

《佐藤栞里ちゃん小学校のとき、ごぼうって呼ばれてたの!? 私、ホワイトアスパラ!》

《ゴボウって、栞里ちゃん子どものころから細かったってことだね。言われてみたかった》

《ゴボウがあだ名ってスタイル良いってことじゃん!》

《こんなに美しい子がゴボウに見えるってかなりヤバい》


などの反響が続出している。〝イジメ〟としてつけられた可能性も浮上しているが、多くの人は佐藤のスタイルの良さから付けられたあだ名として捉えたようだ。


「小学生の時に『ゴボウ』と呼ばれていた佐藤は、高校生時代には別のあだ名としてからかわれた経験があるようです。彼女は高校生の時にモデル活動を始め、雑誌『CanCam』の専属モデルオーディションの最終選考まで残った経歴が。専属モデルにはなれなかった一方で審査員特別賞を受賞し、その一件以降、一部の男子から『CanCam』というあだ名がついたそうです。しかしそんなイジリに対しても、佐藤は持ち前の明るさで『ありがとう』などと返答していた模様。彼女の明るいキャラクターは学生時代から健在で、恐らく小学生の時に『ゴボウ』と呼ばれても、腐らずに明るく振舞っていたことでしょう」(芸能ライター)


佐藤はどのようなあだ名をつけられたとしても、受け入れて自分の物にしてしまう力があるのかもしれない。




《まいじつ》

特集

page top