本心が動きにでちゃう?「ノンバーバル効果」で男性の本音を探る方法 | NewsCafe

本心が動きにでちゃう?「ノンバーバル効果」で男性の本音を探る方法

恋愛 Grapps/恋愛
本心が動きにでちゃう?「ノンバーバル効果」で男性の本音を探る方法

つい動きにでちゃう?「ノンバーバル効果」で男性の本音を探るには?


表情や姿勢、身振りや手ぶりなどの非言語コミュニケーションのことを「ノンバーバル」といいます。男性のノンバーバル効果を探ることで、相手の本音が見えてきます。ではどのような点に注目したらいいのでしょうか。


椅子の座り方に注目


ノンバーバル効果で男性の本音を探るポイントのひとつが、椅子にどのように座っているかです。


例えばデートのとき彼が浅く座っているなら、男性は緊張していると判断できますし、前のめりになって椅子に座っているなら、会話やその相手に興味がある証拠です。ただし、ふんぞり返ったような座り方は、興味がない可能性が高くなります。


座り方ひとつで自分に対してどのような感情を持っているか判断できるので、彼の座り方をよく観察してみましょう。


つま先の向きを確認して


気になる男性と話すとき、目線や手の動きなど上半身に注目をしてしまうことが多いかもしれません。確かに表情や手の動きは、ノンバーバル効果において判断しやすい要素のひとつです。


しかし下半身の部分にも、男性の本音がわかりすく表現されている部分があります。男性の本音が表れる部分はつま先で、つま先は興味のあるほうを向いている可能性が高くなります。


つまり彼と話しているときに、つま先が自分のほうを向いていたら好意を持たれていると判断できます。


自分をかっこよく見せようとしているか


男性は好きな女性の前だと、少しでも自分をかっこよく見せようと考える傾向が見られます。少しでもかっこよく見せるために、背筋を伸ばして胸を大きく張る方もいます。


会話の中で男性が背筋を伸ばして胸を張っているなら、かっこよさをアピールしたい証拠かもしれません。逆に猫背や姿勢が悪いままだと、相手に興味がない可能性があります。


一番わかりやすいのは「顔」


ノンバーバル効果で男性の本音を探るうえで、一番わかりやすいのが顔の表情です。


例えば男性の目線を見ることで、興味があるかどうか確かめられます。特に何度も目が合う、じっと見つめられているという状況は好意を持っている可能性が高いです。


また目が合った後に目線をそらした先が横ではなく下という場合も、好意を持っている可能性が高いという点を押さえておきましょう。ほかにも話しているとき、男性が何気なく口元を触る場合、特別な感情を持っている可能性があります。


言葉以外で本音を探る


男性の本音は、言葉以外の部分に隠れていることも多くあります。そこで非言語コミュニケーションに注目することで、相手が自分に好意を持っている可能性が高いかを確かめられます。


例えば椅子の座り方やつま先の向きだけで、好意の有無が確かめられます。相手の姿勢などから本音を探り、脈があるかチェックしてみましょう。


《grapps》

特集

page top