歩み寄りが大切喧嘩したときに仲直りする方法4つ | NewsCafe

歩み寄りが大切喧嘩したときに仲直りする方法4つ

恋愛 愛カツ
歩み寄りが大切喧嘩したときに仲直りする方法4つ

喧嘩したあとの気まずさは、できるだけ早くなんとかしたいものですよね。


明らかにあなたが悪いときは、彼に歩み寄って仲直りの言葉を述べるべきでしょう。


そこで今回は、喧嘩したときに仲直りする方法をご紹介します。


歩み寄りが大切喧嘩したときに仲直りする方法4つ


距離を置きつつも


距離を置いていったん冷静になったうえで「一緒にいてほしい」と伝えるべきでしょう。喧嘩しているときは、お互いにヒートアップしがちです。


そんなときに何を話しても、冷静にはいられないですよね。いったん、落ち着いたところで素直に甘えてみてはどうでしょうか


距離を置いたうえで話し合いすると、喧嘩がオーバーヒートすることを防げるようです。


喧嘩は、ふたりの体力を消耗するものですよね。人によっては、不安でいても立ってもいられなくなってしまうかもしれません。


距離を置きながら「一緒にいてほしい」と伝えれば、寂しさも伝わりますよ。


謝罪する


悪いことをしたら、先に謝ってしまうのがいいと思います。シンプルにわかりやすいので、彼も理解してくれるでしょう。


謝ったうえで、自分が悪いと感じたところを理由として話すのも大事なこと。何回も謝り続けるのは、逆に不信がられるかもしれません。


しっかりと自分の反省点もまとめて、簡潔に伝えておきましょう。その際に、彼のことを責めるようなことは、してはいけません。


仲直りしたい旨を伝える


目的が理解できないのに、会話をしていても話がまとまりません。


「仲直りしたい」という、会話の目的を伝えましょう。臨戦態勢がないことを伝えることによって、彼も冷静さを取り戻すはず。


「仲直りしたいから、私の悪かったところを教えてほしい」と伝えるのも効果的です。


アルバムを作って渡す


口も聞いてもらえない状況の喧嘩は、別れが迫っている感じがして、とにかく不安ですよね。


彼に取り合ってもらえないことで、「どうしようもない」と感じるかもしれません。


置き手紙や、アルバムを彼に送るのが効果的。そのときは、多くを喋るのは避けましょう。彼とあなたのこれまでの絆が試されるときです。


彼に今後を決めてもらうつもりで、そっとしておくべきでしょう。


意地は捨てて


子供の頃は、すぐに喧嘩しても謝れたのに、大人になると素直に謝罪ができません。


自分の考えもあるし、プライドが許さないこともあるでしょう。しかし、「彼と険悪なままでいていいか」を考えたとき、多くの人は仲直りを考えると思います。


そんなときだけは、意地は捨てて。彼にちゃんと反省の意が伝わるように謝るべきです。


(東城ゆず/ライター)

《愛カツ編集部》
page top