清野菜名、初共演の渡邊圭祐がメイクアップ「すごくかっこいい美容部員さんになっていました」 | NewsCafe

清野菜名、初共演の渡邊圭祐がメイクアップ「すごくかっこいい美容部員さんになっていました」

芸能 モデルプレス/ent/wide/show
(左から)渡邊圭祐、清野菜名/ショートフィルム「Touching」より(提供写真)
【モデルプレス=2021/09/15】女優の清野菜名と俳優の渡邊圭祐が、15日よりWEBで公開されるショートフィルム「Touching」に出演。渡邊が清野にメイクアップを行った。

【写真】生田斗真&清野菜名、結婚を発表

動画には、清野が演じるマネキン・真希と、渡邊が演じる新人ビューティーコンサルタント・涼が登場。ショッピングモールを舞台に2人が出会い、メイクをきっかけに一歩前に踏み出す物語。

メイクで自分らしい魅力が引き出されることで、その先にドラマティックな未来が待っていることを予感させるストーリー。「LOOP」で話題を集めたシンガーソングライター・SIRUPが書き下ろした楽曲「Change」にも注目だ。

また、ショートフィルムの公開にあわせて、撮影の裏側をおさめたメイキング動画を特設サイトにて公開。さらに、初共演の感想などについて語った清野、渡邊のインタビュー動画がマキアージュ公式LINEアカウントの友だち限定で公開される。

◆清野菜名、渡邊圭祐のメイクアップは「85点で!」

今回の初共演について渡邊は、「(清野さんが)本当に想像通りの素敵なやわらかい人柄で。何回も失敗したのですが、本当に清野さんで良かったなって思いました」とコメント。また、清野は、「最初に見たときに、スタイルが良すぎてびっくりしました!」と語り、「すごくかっこいい美容部員さんになっていました。(お会いするのは)初めてだったのですが、本当に気さくな方で、初めてな感じもしなくて、スムーズですごく楽しい撮影になりました」と撮影を振り返った。

また、渡邊が清野にメイクするシーンについて、渡邊は自己評価は「100点です!」と自信満々の様子。「もう完璧だったんじゃないですかね?清野さんも結構満足な顔をしていらっしゃったんで、あの笑顔っていうのは、お芝居ではない気がしたんですよね。すごく素敵な笑顔だったので、多分清野さん的にも僕的にも100点。清野さんに聞いていただいても、100点って、返ってくるんじゃないかなと思います」と続けた。

それに対して、清野は、「たまにリップとか、位置が少しずれたりしていましたが、最後のドラマティックミスト(EX)の掛け方とかもすごく優しさがありました。85点で!」と高評価の様子を見せた。(modelpress編集部)

◆ショートフィルム「Touching」あらすじ

清野菜名演じるマネキン・真希と、渡邊圭祐演じる新人ビューティーコンサルタント・涼が働くショッピングモールを舞台に物語は始まる。真希は、誰にも見られない夜だけ自由に動くことができる洋服売場のマネキン。そんな彼女にとって、試行錯誤しながらメイクの魅力を伝えようとする涼の姿は眩しく見える。ある夜、涼のいない売場で真希は口紅にそっと手を伸ばし…。

一歩踏み出すためのきっかけになるのは、たぶん、ささやかなこと。これから始まる、ドラマティックな予感を感じさせるショートフィルムとなっている。

◆清野菜名&渡邊圭祐コメント

― 今回、初共演となりましたが、いかがでしたか?共演の感想を教えてください。

渡邊:素敵な時間でした!テレビで見ていた方に、やったこともない化粧をするという、初めて味わう緊張感みたいなものを感じました。(清野さんが)本当に想像通りの素敵なやわらかい人柄で。何回も失敗したのですが、本当に清野さんで良かったなって思いました。

清野:最初に見たときに、スタイルが良すぎてびっくりしました!

渡邊:スーツのおかげですよ。

清野:いや、もう、すごくかっこいい美容部員さんになっていました。(お会いするのは)初めてだったのですが、本当に気さくな方で、初めてな感じもしなくて、スムーズですごく楽しい撮影になりました。

渡邊:よかった…。ありがとうございます。

清野:美容部員さん役として、本当に難しい説明を沢山ずっとされていたので、すごく大変だったと思うんですけど。お疲れ様でした!(笑)。

渡邊:お疲れ様でした!(笑)。

― 実際渡邊さんのような美容部員さんとお会いしたらいかがですか?

清野:いや、もうドキドキしちゃいますよね、本当に!

渡邊:働きます。資生堂さんでアルバイト(笑)。

― 清野さんにメイクするシーンがありますが、渡邊さんの自己評価は何点でしょうか?

渡邊:100点です!もう完璧だったんじゃないですかね?清野さんも結構満足な顔をしていらっしゃったんで、あの笑顔っていうのは、お芝居ではない気がしたんですよね。すごく素敵な笑顔だったので、多分清野さん的にも僕的にも100点。清野さんに聞いていただいても、100点って、返ってくるんじゃないかなと思います。

清野:たまにリップとか、位置が少しずれたりしていましたが、最後のドラマティックミスト(EX)の掛け方とかもすごく優しさがありました。85点で!

渡邊:おお…!だいぶ高めの甘めのやつ、内心32くらいの…。ありがとうございます。

清野:すごく優しさを感じたので(笑)。

渡邊:今の言葉に優しさを感じました(笑)。

― 今回撮影した動画で注目してほしいポイントはありますか?

渡邊:目やチークなど色々なものを一個一個、段階を踏んでお化粧していくにつれて、(真希が)どんどん笑顔になっていくところが本当に素晴らしいものになっています。そこをしっかりと見ていただきたいなと思います。

清野:エンドロールのシーンで、ダンスをしながら、駆け巡ってるところがあるのですが、心を全開放して、楽しく気持ちよく踊ったので、そこを皆さんに見ていただきたいです。

― (清野へ)美肌だけでなく、アクションで魅せるキレキレの動きも印象的ですが、体作りや美ボディの維持で気を付けていることはありますか?

清野:普段から、なるべく体を動かすようにしていて、ストレッチとか。アクションの作品に入っている時はなるべく軽い身体を維持していたいので、ランニングを毎日したり。あとはその役に合わせて必要な筋肉があったら、ジムに通って筋トレをしたりしています。

― (清野へ)ランニングは1日何キロなどと決めていますか?

清野:あまり課題を作らないようにはしているのですが、3キロから5キロが大体の目安ですね。

― (清野へ)ストレッチはどんなことをされていますか?

清野:ストレッチポールを買いました。腰が結構硬いので、横に置いていつも寝転がってゴロゴロしたり。そうすると体にも酸素が入って、すごく気持ちいいので続けてやっています。

― (清野へ)アクションをする上で大事なことは何ですか?

清野:役によって必要な筋肉が違うというか、鍛えた方がいい部分とかインナーが必要だったり。その役に合わせて筋トレをしています。

― (渡邊へ)動画ではマキアージュの商品でメイクに挑戦されていますが、プライベートでチャレンジしてみたいメイクアイテムはありますか?

渡邊:ダブルブロークリエーターです。まず名前の響きがすごくかっこいいっていうのと、僕眉毛の眉尻の半分が、生まれつき色が薄いんですよ。これでちょっと綺麗にささっと描いて馴染ませたら、いい感じに。眉毛が与える印象ってだいぶ違うじゃないですか。だから使ってみたいなと思いました。

― (渡邊へ)様々な作品に続いてご出演され、お忙しいかと思いますが、今年中にやっておきたいことはありますか?

渡邊:今色々な取材や、現場でもお話させていただくんですけど、カメラを買ったんですよ。フィルムカメラ。元々カメラは持ってはいるのですが、“撮ります撮ります”と言っているものの、まだ全然撮っていなくて。まだ手元にはないのですが、ちょうどこの間買ったカメラが届いたら、僕のルーツじゃないですけど、地元仙台で写真を撮る一人旅みたいなことができる世の中になったらいいですね。今年中に写真を撮りに地元凱旋、これやりたいですね!

― (渡邊へ)今回現場でメイクしてみていかがでしたか?

渡邊:眉毛が綺麗になるって気持ちいですね。自分で育てたものがちょっと美味しく感じるみたいなことと一緒で、自分でチャレンジしてみるだけでもすごく価値のある経験だなと思いました。

― (渡邊へ)動画で演じられた役のように、一歩踏み出すことに少し戸惑っている方も多いと思います。そういう方へのメッセージやエールをぜひいただけますか。

渡邊:僕が心がけていることでもあるのですが、“とりあえずやってみる”。なんでもいいから、とりあえず飛びこんでみるっていう精神を持って、失敗したら失敗しただし、成功したら成功しただし。どっちに転んでも結果経験としておいしいよねっていうことがあるので、ウダウダ考えてる時間があるなら、とりあえず飛び込んでみて、そのあと考えたらいいんじゃないかな。とりあえずやってみる、これです!今この動画を止めて、やってみる!

― 動画を見ているみなさんにメッセージをお願いいたします。

清野:監督からも撮った映像をいくつか見せていただいたのですが、本当にドキドキするような、ドラマティックに仕上がっていると思うので、皆さんにもドキドキワクワクしながらこのドラマを観ていただけたらなと思います!

渡邊:化粧することの素晴らしさといいますか、今マスクが必需品になって、見える部分が限られてくるとは思うのですが、そこ(見えている部分)で与える印象が変わってくると思うので、ぜひ今一度、ご検討してみてはいかがでしょうか(笑)。素敵な映像なので。


【Not Sponsored 記事】
《モデルプレス》

特集

page top