18歳娘のコロナワクチン副反応。高熱、涙目、モデルナアームが痛々しい | NewsCafe

18歳娘のコロナワクチン副反応。高熱、涙目、モデルナアームが痛々しい

社会 ニュース
18歳娘のコロナワクチン副反応。高熱、涙目、モデルナアームが痛々しい


コロナワクチン接種の進捗は8月27日現在で総接種数1.25億回。必要回数のワクチン接種が完了した割合は43%を超えたと報道されています。皆さんのお住まいの地域、職場の状況はいかがでしょうか? 私自身の周辺でも頻繁に話題になる注目度の高いトピックスではありますが、ここ最近は私を含む、子を持つ親同士の間で頻繁に交わされる話題は変わりつつあります。


「10代の子に接種させるべきか」
「男性より女性、高齢者より若者の副反応が強いと聞く」
「私の副反応が強く出た、体質的に子にもおそらく…」など。
ワクチン接種が次のフェーズに入っていることを実感します。


今回お伝えするのは「打てるチャンスが目の前にある。これで行動の自由度が上がるなら」と迷わず長女の接種を決めた横浜在住の酒田ミナミ(45歳)さんご家族(夫49歳、長女18歳、次女14歳)のケースです。夫妻と長女は同スケジュールで2回の接種を終え、残すは中2の次女のみ。接種を終えた家族のなかでは、特に高3長女の副反応と、それに伴うストレス性と考えられる不調が強烈だったそうです。前編です。


一家揃って体力には自信あり



酒田ミナミさん(45歳)は横浜在住の主婦。大手企業に務める49歳の夫、高3と中2でともに本格的にテニスに打ち込む姉妹の4人家族です。山登りやキャンプ、スノボを一家共通の趣味とし、ミナミさんご本人は週3回、ダンスワークアウトZUMBAで汗を流すアクティブ派。ランニングも不定期ながら行う「体力には自信がある方」というご一家です。


接種券は未着だけど、夫の職域接種なら打てる



ミナミさん一家のワクチン接種ステイタスがアクティブになったのは、6月中旬。ご主人の勤め先の職域接種予約からはじまりました。予約自体はスムーズで、夫婦と長女の3人分の予約を7月上旬で難なく押さえることができたとのこと。この時点で自治体からの接種券は未着。のちに夫の接種券のみが、接種日の数日前に届いたそうです。


かなりスムーズに予約が確定したミナミさん家族。6月中旬といえば、自治体へのワクチンの供給不足が報道されていた頃ですね。
「夫の勤め先の職域接種は18歳以上の家族も申し込めるという内容。長女はちょうど18歳で、2回目の接種も夏休み中に終えられるスケジュール。接種券を待って、さらにその後の予約の取りづらいであろうと予想すると“チャンスがあるのだから打とう”という気持ちがおのずと強まりました。それに感染リスクや重症化のリスクが低くなれば、同じ県内とはいえ、年老いた両親に今より躊躇なく会いに行けるようになるし」


長女は18歳の高3。周りはどんな様子でした?
「予約後、長女の友人や私のママ友に聞きましたが、接種した人、予約した人ともに見当たりませんでした。我が家の長女がトップバッターだったかもしれない」


1回目の接種当日は通常営業


特筆するような準備はせず、事前に予診票に記入をした程度。通常営業で接種日をむかえた酒田家の3人。ご主人は朝出勤し、ミナミさんと長女は16時の予約時刻から逆算して横浜の自宅から都内の接種会場へと出発しました。ステイホームになって以来、地元から出ることがめっきり少なくなったというみなみさんにとっては、公共交通機関での長距離移動がひさびさだったといいます。
「長女と二人、昼寝をしながら完全リラックス状態で、最寄り駅である四谷に到着。改札で夫と落ち合い会場にむかいました」


接種はあっけなく終了、痛みもない


「家族のなかで私だけ、数種類の青魚と薬のアレルギーがあるため、接種後は通常15分のところ、30分現地待機するよう問診時に指示を受けましたが、それ以外は何事もなく、家族3人順調に接種終了。長女も余裕といった表情でホッとしたのを覚えています。『ドキドキしたけど、全然痛くなかったね』『打った感覚なかった~』『インフルエンザの予防接種より楽だね』などと話しながら、横浜にとんぼ返りしました。こういったご時世ですし、副反応が気になったので、どこにも立ち寄る気にはなれませんでした」


何の異変もなく、夕飯もシャワーも済ませた酒田家の3人。22時頃、打った左腕に違和感がある程度でこの日は早めにクロージング。朝までぐっすり寝たそうです。


そして翌日…。



翌朝、突如のジュディ・オング大会!!



翌日の早朝、ミナミさんは左腕の異変で目を覚まします。
「腕が上がらないのです。前方には何とか上がるのですが、横方向がまったくダメ。ご主人も長女も同じで『ジュディ・オングができない~』と次女も含めて爆笑で一日をスタートしました」
ただ、長女の高校には、念のため電話を入れて事情を説明。すると学校側も無理をせず、親御さんの目が届くところで経過観察をした方がいいとすすめてくれたそうです。ご主人も大事をとり、リモートワークになりました。


長女に異変、ついにきたかも


数日前に実母から体調がすぐれないと聞いていたため、もともと軽く様子を見に行く予定を立てていたミナミさん。「目が届く距離で…」との学校からの助言もあったため、車に長女を同乗させて実家に向かいました。
「母の元気が出るよう、おいしいパンを差し入れてあげようと途中パン屋さんに立ち寄ったのですが、パンをとる動作がツライ! 左腕が上がらないから、トングとトレイのどちらかしか持てませんでした。そこで、長女がトレイを右手で持ち、私も右手でトング。二人の力を合わせて何とかパンが買えました」
いつだって明るく朗らかな酒田家。共同作業で買い物をのりきった微笑ましいエピソードで朝のジュディ・オングに続いてもうひと笑いもつかの間。その後、実家で両親と昼食を済ませると、長女に異変が。


「長女が『なんだかダルい』と言いはじめたので、実家の和室で休ませることにしたのですが『畳がかたくて眠れない』と。仕方ないのでマットレスを敷いてあげたのですが、それでもかたいというのです。いつもは床で寝てしまってもスヤスヤ寝ているのにおかしいなと」
そこではじめて副作用が頭によぎったミナミさん。測ってみると案の定、37.8度。これ以上、熱が上昇して長女が動けなくなっては大変と、すぐに帰宅の途につくことにしたそうです。その帰宅の車中で、今度はミナミさんに発熱の兆しがあらわれます。


摂取から24時間、酒田家にやってきた副反応ドミノ



「ハンドル操作がおぼつかないほどの倦怠感と身体の痛みで力が入らないのです」
発熱の兆候であることは火を見るより明らかでした。そんな中でも主婦としての責務を果たそうとミナミさんは動きます。
「夕飯はお惣菜を買って済ませようと思い立ち、慌ててスーパーに駆け込みました。でもこの頃には熱が上がりつつあったようで、カートを押しても、うまく脚が出ないのです。最低限の買い物をこなすことで精一杯でした」
やっとの思いで帰宅。玄関にたどり着いた時には二人ともヘロヘロで涙目でした。
熱を測ると38度。この時点で接種からちょうど24時間。
「仕事部屋から出てきた夫に騒動を説明。『俺はない』と断言する夫に熱を測ってもらうと、私の読みどおり、夫も38度ありました」
この日の夕飯は、最後の力を振り絞ってミナミさんが調達したお惣菜でしたが、ミナミさんと長女はほとんど手がつかない状態だったといいます。
「その晩は節々が痛くて、身体も視界もどんよりも重た苦しくてうまく寝付けませんでした。私だけ夜に解熱剤を飲みましたが、夫と長女は眠れたようです。そして翌朝は3人とも熱が下がっていました」


接種した腕の重さは数日続いたものの、1回目の接種を一晩の発熱で乗り切ったかもように見えた酒田家。ところが接種から10日を過ぎた頃。
「長女の腕に大陸のような赤い盛り上がりがあらわれました」


それこそ、ニュースサイトなどに頻出していたあの写真と同じ、“モデルナアーム”そのものでした。



写真はミナミさんが長女を撮影した実際の写真。まだピークに達する前。


《OTONA SALONE》

特集

page top